業績一覧
















1. Hotokezaka H, Sakai E, Ohara N, Hotokezaka Y, Gonzales C, Matsuo K, Fujimura Y, Yoshida N, Nakayama K: Molecular analysis of RANKL-independent cell fusion of osteoclast-like cells induced by TNF-?, lipopolysaccharide, or peptidoglycan. J Cell Biochem 101(1): 122-134, 2007 (IF:3.409)

2. Kitaura H, Fujimura Y, Nakao N, Eguchi T, Yoshida N: Treatment of a patient with metal hypersensitivity after orthodonticsurgery. Angle Orthod 77(5): 923-930, 2007 (IF:0.777)

3. Sia SS, Koga Y, Yoshida N: Determining the Center of Resistance of Maxillary Anterior Teeth Subjected to Retraction Forces in Sliding Mechanics. Angle Orthod 77(6) 999?1003, 2007 (0.777)

4. Zou, W, Kitaura, H, Reeve J, Long, F, Tybulewicz, VLJ, Shattil, SJ, Ginsberg MH, Ross, FP, Teitelbaum SL: Syk, c-Src, the avb3 integrin and ITAM immunoreceptors, in concert, regulate osteoclastic bone resorption. J Cell Biol 176(6): 877-888, 2007 (IF:10.152)

5. Sprague, JE, Kitaura, H, Zou, W, Ye, Y, Achilefu, S, Weibaecher, KN, Teitelbaim, SL, Anderson, CJ: Noninvasive imaging of osteoclasts in parathyroid hormone-induced osteolysis using a 64Cu-labeled RGD peptide. J Nucl Med 48: 311-318, 2007 (IF:4.986)

6. Maruyama Z, Yoshida CA, Furuichi T, Amizuka N, Ito M, Fukuyama R, Miyazaki T, Kitaura, H, Nakamura K, Fujita T, Kanatani N, Moriishi T, Yamana K, Liu W, Kawaguchi H, Nakamura K, Komori T:Runx2 determines bone maturity and turnover rate in postnatal bone development and is involved in bone loss in estrogen deficiency. Dev Dyn 236(7): 1876-1890, 2007 (IF:3.169)

7. Sakai E, Naito M, Sato K, Hotokezaka H, Kadowaki T, Kamaguchi A, Yamamoto K, Okamoto K, Nakayama K: Construction of Recombinant Hemagglutinin Derived from the Gingipain-Encoding Gene of Porphyromonas gingivalis, Identification of Its Target Protein on Erythrocytes, and Inhibition of Hemagglutination by an Interdomain Regional Peptide. J Bacteriol 189(11): 3977-86, 2007 (IF:3.993)

8. Cha BK, Lee JY, Jost-Brinkmann PG, Yoshida N: Analysis of tooth movement in extraction cases using three-dimensional reverse engineering technologies. Eur J Orthodont 29: 325-331, 2007 (IF:0.621)

9. Okada Y, Imendra KG, Miyazaki T, Hotokezaka H, Fujiyama R, Zeredo JL, Toda K: A calcium-receptor agonist induces gustatory neural responses in bullfrogs. Cell Mol Neurobiol 27(6):771-781, 2007 (IF:2.219)

10. Kim HJ, Zhao H, Kitaura H, Bhattacharyya S, Brewer JA, Muglia LJ, Ross FP, Teitelbaum SL: Dexamethsone suppresses bone formation via the osteoclast. Adv Exp Med Biol 602: 43-46, 2007 (IF:0.646)

11. Kim HJ, Zhao H, Kitaura H, Bhattacharyya S, Brewer JA, Muglia LJ, Ross FP, Teitelbaum SL: Glucocorticoids and the osteoclast. Ann N Y Acad Sci 1116: 335-339, 2007 (IF:1.930)

12. Yoshida N, Koga Y, Jost-Brinkmann PG:Activation of transpalatal arches for unilateral distal movement of molars. Kieferorthop 21(2): 83-89, 2007

13. 中尾紀子,北浦英樹,古賀義之,吉田教明:学校歯科健診における中学生の歯列・咬合・顎関節検診結果と推移について.九矯歯誌 3 (1): 1-8, 2007

14. 吉松昌子,北浦英樹,藤村裕治,江口俊子,小原 悠,吉田教明:長崎大学医学部・歯学部附属病院歯並び・噛み合わせ治療室におけるインプラント併用矯正患者の統計学的観察.九矯歯誌 3 (1): 9-14, 2007

15. 丸山陽市: 下顎骨の晩期成長により顔面非対称が生じた下顎前突症例.九矯歯誌 3 (1): 37-48, 2007

16. 藤村裕治:上下顎前突症例.LASソサエティ雑誌(2006年度版): 60-61, 2007

17. 吉松昌子,北浦英樹:開咬を伴う上下顎前突叢生抜歯症例.LAS Society news letter 85: 2-8, 2007

18. 藤村裕治,北浦英樹:上顎前突叢生抜歯症例.LAS Society news letter 85: 9-15, 2007


1. 北浦英樹:矯正歯科領域における金属アレルギー. Journal of Orthodontic Practice, 23(11): 67-82, 2007

2. 北浦英樹:TNF-αによる破骨細胞形成のin vivoでの解析. The Bone 21(6): 751-754, 2007

3. 北浦英樹,古賀正忠,藤村裕治,吉田教明:歯の移動の抑制因子 歯の移動とビスフォスフォネート.The Quintessence 26(11): 2325-2329, 2007

 (プロシーディングス及び分担を含む)

1. Kawano N, Tanaka M, Yamanaka D, Hamada T, Moromugi S, Ishimatsu T: Compact Vision Sensor for Motion Control, Proceeding for International Conference on Control, Automation and Systems 2007(ICCAS 2007):112-115, 2007

2. Hamada T, Hiraya S, Tomozawa T, Imazato M, Tanaka M, Moromugi S, Ishimatsu T: Sensing and Robotic System To Support Serious Disabled, Proceeding for International Conference on Control, Automation and Systems 2007(ICCAS 2007): 2731-2734, 2007

3. 北浦英樹:M-CSF mediates TNF-induced inflammatory osteolysis. 口腔医科学フォーラム論文集:65-74, 2007

4. Seong-Min Bae, Hee-Moon Kyung/(訳)Insan Jang:マイクロインプラントの矯正臨床での応用1-開発のバックグランドと基本的注意事項. 補綴臨床40(5):510-515,2007

5. Seong-Min Bae, Hee-Moon Kyung/(訳)Insan Jang:マイクロインプラントの矯正臨床での応用2-マイクロインプラント固定(MIA)による前歯部牽引時の生体力学的考察. 補綴臨床40(6):647-654,2007


1. Kitaura H, Fujimura Y, Yoshimatsu M, Eguchi T, Kohara H, Yoshida N: M-CSF Receptor C-fms Antibody Inhibits Mechanical Stress-Induced Root Resorption. The 29th Annual Meeting of the American Society for Bone and Mineral Research, Philadelphia, USA 2007 {J Bone Miner Res 22 Supplement for abstracts, p.154, 2007}

2. Iijima Y, Takatsuka T, Iijima S: Digital Camera Method to Evaluate White Spot Enamel Lesions. The 54th Annual ORCA Congress, Denmark 2007 {Caries Research, 41:268-334 July, 2007}

3. Kawano N, Tanaka M, Yamanaka D, Hamada T, Moromugi S, Ishimatsu T: Compact Vision Sensor for Motion Control, Proceeding for International Conference on Control, Automation and Systems 2007(ICCAS 2007): Seoul, Korea, p.112-115, 2007

4. Hamada T, Hiraya S, Tomozawa T, Imazato M, Tanaka M, Moromugi S, Ishimatsu T: Sensing and Robotic System To Support Serious Disabled, Proceeding for International Conference on Control, Automation and Systems 2007(ICCAS 2007): Seoul, Korea, p.2731-2734, 2007

5. 北浦英樹:破骨細胞形成関連細胞である骨髄間質細胞,破骨細胞前駆細胞およびT細胞のTNF-?による破骨細胞形成でのin vivoでのかかわりあいについての検討.第5回口腔医科学フロンティア,宮城,2月{第5回口腔医科学フロンティアテキスト,p.65,2007}

6. ゴンザレスカルメン,佛坂斉祉,吉田教明:矯正力の大きさ,期間および歯根の部位に連関した歯根吸収かの深さ,第2回九州矯正歯科学会学術大会,宮崎,3月{第2回九州矯正歯科学会学術大会抄録集,p.21,2007}

7. 芝崎龍典,ゼレドジョージ,ヨズガティアンジョセフ,吉田教明:歯の移動による疼痛へのセロトニンの関与,第2回九州矯正歯科学会学術大会,宮崎,3月{第2回九州矯正歯科学会学術大会抄録集,p.31,2007}

8. 古賀義之:スケレタルアンカレッジを利用し治療した顎関節の変形を伴う骨格性開咬症例,第2回九州矯正歯科学会学術大会,宮崎,3月{第2回九州矯正歯科学会学術大会抄録集,p.53,2007}

9. 飯島静子,ジャン インサン,田崎春奈,北村雅保,飯島洋一,吉田教明:矯正患者におけるPAR Indexとカリエスリスクとの関連性についての検討,第66回日本矯正歯科学会大会,大阪,9月{第66回日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集,p.125,2007}

10. 吉松昌子,北浦英樹,藤村裕治,小原 悠,江口俊子,吉田教明:矯正学的歯の移動におけるIL-12の効果,第66回日本矯正歯科学会大会,大阪,9月{第66回日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集,p.140,2007}

11. ゴンザレスカルメン,佛坂斉祉,ヨズガティアンジョセフ,松尾謙一郎,吉田教明:走査型レーザー顕微鏡を用いた矯正力負荷後の歯根吸収かの治癒過程の長期的評価,第66回日本矯正歯科学会大会,大阪,9月{第66回日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集,p.140,2007}

12. 藤村裕治,北浦英樹,吉松昌子,江口俊子,小原 悠,吉田教明:ビスフォスフォネートによる歯科矯正学的な歯牙移動時の歯根吸収の抑制について,第66回日本矯正歯科学会大会,大阪,9月{第66回日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集,p.141,2007}

13. 江口俊子,北浦英樹,藤村裕治,吉松昌子,小原 悠,吉田教明:抗c-fms抗体による矯正学的歯牙移動時の歯根吸収の抑制について,第66回日本矯正歯科学会大会,大阪,9月{第66回日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集,p.141,2007} 学術大会優秀発表賞受賞

14. 小原 悠,北浦英樹,藤村裕治,吉松昌子,江口俊子,吉田教明:IFN-γのTNF-αによる破骨細胞形成における抑制作用について,第66回日本矯正歯科学会大会,大阪,9月{第66回日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集,p.142,2007}

15. ジャン インサン,芝崎龍典,田崎春奈,古賀義之,田中基大,飯島静子,吉田教明:三次元歯列模型形状データ重ね合わせ法の確立―矯正治療前後における歯の移動動態の解析への応用―,第66回日本矯正歯科学会大会,大阪,9月{第66回日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集,p.154,2007}

16. 北浦英樹,中尾紀子,藤田剛史,白石孝信,古賀義之,吉田教明:金属アレルギー患者用矯正ワイヤーの開発,第66回日本矯正歯科学会大会,大阪,9月{第66回日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集,p.158,2007}

17. 丸山陽市,飯島静子,門脇亜紀,吉田教明:自律的学習のためのコース管理システム導入後の情報環境および意識変化に関するアンケート調査,第66回日本矯正歯科学会大会,大阪,9月{第66回日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集,p.173,2007}

18. 田中基大, 柴田昌知, 友澤 超, 濱田知浩, 今里政博, 石松隆和:意思伝達装置のための微小動作センシング技術, 2007 JSME Conference on Robotics and Mechanics, 秋田,5月{1A1-K08,2007}

19. 北浦英樹,吉田教明:T細胞のTNF-?による破骨細胞形成でのin vivoでのかかわりあいについての検討,第49回歯科基礎医学会,札幌,8月{第49回歯科基礎医学会,p.153,2007}

20. 江口俊子,宮崎敏博,森石武史, 金谷直子,北浦英樹,吉田教明,小守壽文:Col1-Bcl-2トランスジェニックマウスにおける歯牙組織の解析,第63回日本解剖学会九州支部会,長崎,10月{日本解剖学会第63回九州支部学術集会プログラム・予稿集,p.21,2007}

21. 吉松昌子,柴田恭明,笠井道之,池田通:培養胸腺上皮細胞におけるAIREの発現,第37回日本免疫学会学術大会,東京,11月{日本免疫学会総会・学術集会記録第37巻 p.55, 2007}

22. 坂井詠子,福本敏,胡錦萍,西下一久,佛坂斉祉,岡元邦彰,筑波隆幸:成熟破骨細胞の延命と脂質ラフト形成におけるリセドロネートおよびD-PDMPの作用,歯科基礎医学会,札幌,8月{Jounral of Oral Biosciences, 49, Supplement August,p.140, 2007}

23. 岡田幸雄,宮崎敏博,佛坂斉祉,藤山理恵,ゼレドジョージ,戸田一雄:カエル副甲状腺の細胞外Ca感知における脂質メディエータの関与,第41回日本味と匂学会大会,東京,7月{ Involvement of lipid mediators in extracellular calcium-sensing of frog parathyroid cells. Okada et al., Chem Senses, 33, J12, 2008}

24. 岡田幸雄,宮崎敏博,佛坂斉祉,藤山理恵,ゼレドJL,戸田一雄: カエル味蕾ロッド型細胞とウィング型細胞の脂質メディエータに対する感受性, 第84回日本生理学会大会,大阪,3月 {Different sensitivity to lipid mediators between rod and wing cells in the frog taste disc. Okada et al., J Physiol Sci 57 (Suppl.), S108, 2007}

25. 柴田昌知, 田中基大, 平屋成基, 濱田知浩, 今里政博, 石松隆和:重度障害者のスイッチング動作を支援するコンパクトロボットの研究,2007 JSME Conference on Robotics and Mechanics,秋田,5月{1A1-K09,2007}

26. 濱田知浩,友澤 超,平屋成基,田中基大,諸麦俊司,石松隆和:重度障害者の生活をサポートする環境制御装置,第8回計測自動制御学会(SICE)システムインテグレーション部門講演会,広島, 12月{1K2-6,2007}


1. 基盤研究(B)
顎口腔機能障害を伴う遺伝子改変マウスを用いた摂食・嚥下機能発達のメカニズムの解明
(代表:吉田)

2. 萌芽研究
咀嚼と脳発達における歯と歯根膜の役割―無歯顎モデルマウスを用いた統合的研究―
(代表:吉田)

3. 基盤研究(C)
顎関節症モデルマウス(SAMP3)を用いた顎関節機能解明と病態の究明
(代表:古賀)

4. 基盤研究(C)
M-CSF制御による矯正的歯牙移動のコントロール
(代表:北浦)

5. 基盤研究(C)
病的歯根吸収の再石灰化治癒機転の研究
(代表:佛坂)

6. 若手研究(B)
審美性を考慮した矯正ワイヤーの開発
(代表:中尾)

7. 若手研究(B)
人工骨補填後の矯正治療の可能性に向けて- 前臨床試験
(代表:吉松)

8. 若手研究(B)
矯正力による歯の移動時における歯槽骨リモデリングの定量化と最適矯正力の  解明
(代表:田中)

9. 第22回基礎医学医療研究助成金
T細胞のTNF-αによる破骨細胞形成への関与についての検討
(代表:北浦)

長崎大学病院内 矯正歯科室
Copyright(C) 1996-2004 Nagasaki University All Rights Reserved.