業績一覧
















1. Yozgatian JH, Zeredo JL, Hotokezaka H, Koga Y, Toda K, Yoshida N: Emotional stress- and pain-related behaviors evoked by experimental tooth movement. Angle Orthod 78(3): 487-494, 2008 (IF:0.972)

2. Gonzales C, Hotokezaka H, Yoshimatsu M, Yozgatian JH, Darendeliler MA, Yoshida N: Force magnitude and duration effects on amount of tooth movement and root resorption in the rat molar. Angle Orthod 78(3): 502-509, 2008 (IF:0.972)

3. Kitaura H, Yoshimatsu M, Fujimura Y, Eguchi T, Kohara H, Yamaguchi A, Yoshida N: An anti-c-Fms antibody inhibits orthodontic tooth movement. J Dent Res 87(4): 396-400, 2008 (IF:3.496)

4. Yoshimatsu M, Uehara M, Yoshida N: Expression of heat shock protein 47 in the periodontal ligament during orthodontic tooth movement. Arch Oral Biol 53(9), 890-895, 2008 (IF:1.554)

5. Vaira S, Alhawagri M, Anwisye I, Kitaura H, Faccio R, Novack DV: RANKL activates an apoptotic JNK pathway opposed by RelA/p65. J Clin Invest 118(6): 2088-2097, 2008 (IF:16.915)

6. Sanefuji K, Zeredo JL, Kurose M, Tanaka M, Koga Y, Yamada Y, Yoshida N: Possible effects of periodontal inputs on the masticatory function. J Jpn Soc Stomatognath Funct 14: 89-95,2008

7. Nakao N, Kitaura H, Koga Y, Yoshida N: Application of a mini-screw at the maxillary tubercle for treatment of maxillary protrusion. Orthod Waves 67(2): 72-80, 2008

8. 丸山陽市,飯島静子,吉田教明:学習管理システムを利用した自律的学習支援に向けた情報環境および意識に関するアンケート調査.九矯歯誌 4 (1): 1-12, 2008

9. 丸山陽市,飯島静子,吉田教明:e-Learningとマルチメディア実習支援システムを併用した歯科矯正学基礎実習の授業評価について.九矯歯誌 4 (1): 13-26, 2008

10. 飯島静子,丸山陽市,吉田教明:学習管理システムを利用した歯科矯正学教育プログラムの実践と自律的学習の評価.九矯歯誌 4 (1): 27-38, 2008

11. 田崎春奈,北浦英樹,江口俊子,小原 悠,Jang In-San,吉田教明 : 正貌における咬合平面傾斜と顔面対称性の関係に関する検討. 九矯歯誌 4 (1): 39-44, 2008

12. 藤村裕治,北浦英樹,吉松昌子,江口俊子,小原 悠,吉田教明 : 上顎第一小臼歯および上下顎第一大臼歯抜去を行った著しい叢生を伴う上顎前突症例. 九矯歯誌 4 (1): 65-72, 2008

13. 森田幸子,古賀義之,吉田教明:矯正用インプラントに大臼歯用チューブを接着し力系を構築した成人上顎前突症例,九矯歯誌 4 (1): 101-108, 2008

 (プロシーディングス及び分担を含む)

1. Tanaka M, Hara M, Morito Y, Miyamori K, Moromugi S, Ishimatsu T: Vision Based Pointing Device with Slight Body Mevement, Proceeding for International Conference on Control, Automation and Systems, ICCAS2008, 2008

2. 吉田教明:矯正用材料.(相馬邦道,飯田順一郎,山本照子,葛西一貴,後藤滋巳(編):歯科矯正学 第5版,医歯薬出版,東京,pp.348-355)2008

3. 吉田教明,古賀義之,松尾恭子:顎口腔機能の発達を解明するための実験計画の立案,顎運動および筋電図検査法, 日本顎口腔機能学会編, pp.73-79, 2008

4. 丸山陽市,藤原 卓:医科歯科統合システムにおけるマルチベンダーによる歯科電子カルテの構築.第28回医療情報学連合大会論文集,pp.171-172, 2008

5. 田中基大,濱田知浩, 河野宣央, 柴田昌知, 石松隆和:CMOSイメージセンサを利用した重度障害者用ポインティングデバイスの開発,2008 JSME Conference on Robotics and Mechanics,2A1-C15,2008

6. 岡安一郎,山田好秋,吉田教明,大井久美子:マウスにおける咀嚼運動研究のための慢性実験系,顎運動および筋電図検査法, 日本顎口腔機能学会編,pp.67-72, 2008

7. 久保 圭,岡野耕大,倉田知香,武元嘉彦,松岡なつき,窪田直子,増田裕次,吉田教明,山崎要一,三浦宏之:下顎側方限界運動量の左右差と咀嚼筋活動量の相関について,顎運動および筋電図検査法, 日本顎口腔機能学会 編, pp.108-111, 2008

8. 塙 総司,内海 大,安村真一,山田千晶,寺部やよひ,谷岡款相,松田慎平,小川 徹,荒川一郎,岡安一郎,志賀 博:問診・ガム咀嚼・ロールワッテ試験による主咀嚼側判定結果と筋活動に関する検討,顎運動および筋電図検査法, 日本顎口腔機能学会編, pp.104-107, 2008


1. Yoshida N:Biomechanical considerations for sliding mechanics and closing loop mechanics during space closure, Baylor College of Dentistry, USA, May 22, 2008

2. Yoshida N:Biomechanical considerations for controlled tooth movement in sliding mechanics in combination with implant anchorage, Evening Seminar at University of Hong Kong, Hong Kong July 9, 2008

3. Yoshida N:Application of implant anchorage for vertical and horizontal control of orthodontic tooth movement, Macau Orthodontic Society, Macau, July 11, 2008

4. Yoshimatsu M, Kitaura H, Fujimura Y, Eguchi T, Kohara H, Morita Y, Yoshida N : IL-12 induces apoptosis in TNF-?-mediated osteoclastogenesis in vivo. The 30th Annual Meeting of the American Society for Bone and Mineral Research, Montreal, Canada 2008 {J Bone Miner Res 23 Supplement for Abstracts, p.166, 2008}

5. Kitaura H, Fujimura Y, Yoshimatsu M, Eguchi T, Kohara H, Morita Y, Yoshida N: Recombinant mouse M-CSF receptor c-fms inhibits TNF-?-induced osteoclastogenesis. The 30th Annual Meeting of the American Society for Bone and Mineral Research, Montreal, Canada 2008 {J Bone Miner Res 23 Supplement for Abstracts, p.401, 2008}

6. Kohara H, Kitaura H, Fujimura Y, Yoshimatsu M, Eguchi T, Morita Y, Yoshida N: INF-? inhibits TNF-?-induced osteoclastogenesis in vitro and in vivo. The 30th Annual Meeting of the American Society for Bone and Mineral Research, Montreal, Canada 2008 {J Bone Miner Res 23 Supplement for Abstracts, p.278, 2008}

7. Tanaka M, Hara M, Morito Y, Miyamori K, Moromugi S, Ishimatsu T: Vision Based Pointing Device with Slight Body Mevement, Proceeding for International Conference on Control. Automation and Systems 2008(ICCAS2008): Seoul, Korea, 2008

8. Kitaura H, Fujimura Y, Yoshimatsu M, Eguchi T, Kohara H, Yoshida N: Neutralization of macrophage colony-stimulating factor inhibits orthodontic force-induced root resorption. The 108th Annual Meeting of the American Association of Orthodontists, Denver, USA, 2008 {Abstracts, 2008}

9. Kitaura H: Effect of bisphosponate on orthodontic tooth movement. The 5rd World Congress of Level Anchorage System, Seoul, Korea, 2008 {Abstracts, 2008}

10. Hotokezaka H, Gonzales C, Darendeliler A, Yoshida N: Quantitave analysis of root resorption repair following the application of continuous force on upper first molars in rats. International Association for Dental Research,General Session,Toronto, Canada, 2008 {Journal of Dental Research 87, Special Issue B,Abstract, p.2066, 2008}

11. Zeredo JL, Kumei Y, Shibazaki T, Yoshida N, Kimoto M, Toda K: Biting behavior induced by acute stress in the rat during experimental tooth movement. 6th International Conference on Methods and Techniques in Behavioral Research, Maastricht, The Netherlands, 2008 {Abstracts, 2008}

12. 丸山陽市:医科歯科統合システムにおけるマルチベンダーによる歯科電子カルテの構築,第28回医療情報学連合大会(第9回日本医療情報学会学術大会)横浜,11月{2008}

13. ゴンザレスカルメン,佛坂斉祉,新井嘉則,二宮 禎,富永淳也,吉田教明:矯正力を加えた歯の歯根膜腔の圧迫と歯根吸収との関係,第3回九州矯正歯科学会学術大会,長崎,3月 {第3回九州矯正歯科学会学術大会プログラム・抄録集,p.17,2008}

14. 古賀義之,吉田教明:スケレタルアンカレッジにチューブを装着して治療した成人上顎前突非抜歯症例−大臼歯の遠心移動の副作用と効果的な力系構築−,第3回九州矯正歯科学会学術大会,長崎,3月 {第3回九州矯正歯科学会学術大会プログラム・抄録集,p.22,2008}

15. 内海 大,實藤恭子,森田幸子,田中基大,古賀義之,吉田教明:当院における簡便なデジタル画像管理システムについて,第3回九州矯正歯科学会学術大会,長崎,3月 {第3回九州矯正歯科学会学術大会プログラム・抄録集,p.23,2008}

16. 北浦英樹,中尾紀子,古賀義之,吉田教明:金属アレルギー患者用矯正材料の開発,第3回九州矯正歯科学会学術大会,長崎,3月 {第3回九州矯正歯科学会学術大会プログラム・抄録集,p.41,2008}

17. 田崎春奈,芝崎龍典,中尾紀子,北浦英樹,佛坂斉祉,古賀義之,飛田尚慶,朝比奈 泉,吉田教明:下顎垂直骨切り術施行症例における上下中切歯と下顎骨の術後位置変化についての検討,第3回九州矯正歯科学会学術大会,長崎,3月 {第3回九州矯正歯科学会学術大会プログラム・抄録集,p.49,2008}

18. 芝崎龍典,佛坂斉祉,Zeredo Jorge,吉田教明:矯正力負荷後の疼痛に対するCOX-2阻害薬の効果,第3回九州矯正歯科学会学術大会,長崎,3月 {第3回九州矯正歯科学会学術大会プログラム・抄録集,p.53,2008}

19. 藤村裕治,北浦英樹,吉松昌子,江口俊子,小原 悠,吉田教明:矯正治療動物実験モデルにおけるビスフォスフォネートの影響,第3回九州矯正歯科学会学術大会,長崎,3月 {第3回九州矯正歯科学会学術大会プログラム・抄録集,p.54,2008}

20. 吉松昌子,北浦英樹,藤村裕治,小原 悠,江口俊子,吉田教明:矯正学的歯の移動におけるIL-12の作用に対する分子生物学的解析,第3回九州矯正歯科学会学術大会,長崎,3月 {第3回九州矯正歯科学会学術大会プログラム・抄録集,p.55,2008}

21. 小原 悠,北浦英樹,藤村裕治,吉松昌子,江口俊子,吉田教明:破骨細胞形成因子であるM-CSFに対するIFN-γの制御作用,第3回九州矯正歯科学会学術大会,長崎,3月 {第3回九州矯正歯科学会学術大会プログラム・抄録集,p.56,2008}

22. 中島美紀,吉田教明:SMAPを用い再治療を行った開咬症例,第3回九州矯正歯科学会学術大会,長崎,3月 {第3回九州矯正歯科学会学術大会プログラム・抄録集,p.60,2008}

23. 森田幸子,古賀義之,吉田教明:術前矯正なしでSSROとオトガイ形成術を行った骨格性下顎前突症例,第3回九州矯正歯科学会学術大会,長崎,3月 {第3回九州矯正歯科学会学術大会プログラム・抄録集,p.67,2008}

24. 松尾謙一郎,佛坂斉祉,吉田教明:リーマー破折を認めた下顎右側第二大臼歯を抜去し,第三大臼歯を咬合に参加させた上顎前突症例,第3回九州矯正歯科学会学術大会,長崎,3月 {第3回九州矯正歯科学会学術大会プログラム・抄録集,p.70,2008}

25. 飯島静子,北村雅保,飯島洋一,吉田教明:矯正患者におけるカリエスリスクの変動とPAR Indexの関連性について,第67回日本矯正歯科学会大会,千葉,9月 {第67回日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集,p.148,2008}

26. 森田幸子,北浦英樹,吉松昌子,藤村裕治,江口俊子,小原 悠,吉田教明:IL-18による破骨細胞形成における抑制作用と矯正学的歯牙移動時のその効果について,第67回日本矯正歯科学会大会,千葉,9月 {第67回日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集,p.157,2008}

27. ゴンザレスカルメン,佛坂斉祉,新井嘉則,二宮 禎,富永淳也,張 仁山,田中基大,吉田教明:ラット上顎第1臼歯の矯正的近心移動のマイクロCTと有限要素モデルによる解析,第67回日本矯正歯科学会大会,千葉,9月 {第67回日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集,p.158,2008}

28. 吉松昌子,北浦英樹,藤村裕治,小原 悠,江口俊子,森田幸子,吉田教明:IL-12の矯正学的歯の移動に及ぼす抑制作用のメカニズムの解析,第67回日本矯正歯科学会大会,千葉,9月 {第67回日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集,p.167,2008}

29. 丸山陽市,飯島静子,吉田教明:パラメトリックな3次元顔面形態形成法の矯正治療への適応について,第67回日本矯正歯科学会大会,千葉,9月 {第67回日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集,p.184,2008}

30. 佛坂斉祉,ゴンザレスカルメン,松尾謙一郎,芝崎龍典,吉田教明:ステロイド性,非ステロイド性抗炎症剤の矯正的歯の移動と歯根吸収への影響,第67回日本矯正歯科学会大会,千葉,9月 {第67回日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集,p.259,2008}

31. 北浦英樹,藤村裕治,吉松昌子,小原 悠,江口俊子,森田幸子,吉田教明:リコンビナントc-fmsによるM-CSFの作用抑制での矯正学的歯の移動の制御,第67回日本矯正歯科学会大会,千葉,9月 {第67回日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集,p.262,2008}

32. 小原 悠,北浦英樹,藤村裕治,吉松昌子,江口俊子,森田幸子,吉田教明:歯の移動におけるIFN-γの発現・影響と破骨細胞形成に対する影響,第67回日本矯正歯科学会大会,千葉,9月 {第67回日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集,p.263,2008}

33. 北浦英樹:V級非抜歯症例,MBTシステム研究会第7回例会,東京,2月{2008}

34. 吉松昌子: 上顎前突症例, MBTシステム研究会第7回例会, 東京, 2月{2008}

35. 田中基大,濱田知浩, 河野宣央, 柴田昌知, 石松隆和:CMOSイメージセンサを利用した重度障害者用ポインティングデバイスの開発,2008 JSME Conference on Robotics and Mechanics, 長野, 5月{2A1-C15,2008}

36. 飛田尚慶,朝比奈 泉,吉田教明:下顎骨垂直骨切術後に生じる遠位骨片の移動と顎関節の関節窩内への安定性に関する検討,第18回日本顎変形症学会総会,名古屋,6月{日本顎変形症学会雑誌プログラム・抄録号,p.167,2008}


1. 基盤研究(B)
顎口腔機能障害を伴う遺伝子改変マウスを用いた摂食・嚥下機能発達のメカニズムの解明
(代表:吉田)

2. 萌芽研究
咀嚼と脳発達における歯と歯根膜の役割―無歯顎モデルマウスを用いた統合的研究―
(代表:吉田)

3. 基盤研究(C)
顎関節症モデルマウス(SAMP3)を用いた顎関節機能解明と病態の究明
(代表:古賀)

4. 基盤研究(C)
病的歯根吸収の再石灰化治癒機転の研究
(代表:佛坂)

5. 若手研究(B)
矯正力による歯の移動時における歯槽骨リモデリングの定量化と最適矯正力の解明
(代表:田中)

6. 若手研究(B)
矯正学的歯牙移動におけるカテプシンEの役割
(代表:藤村)

長崎大学病院内 矯正歯科室
Copyright(C) 1996-2004 Nagasaki University All Rights Reserved.