業績一覧
















1.Kohara H, Kitaura H, Fujimura Y, Yoshimatsu M, Morita Y, Eguchi T, Masuyama R, Yoshida N:IFN-γ directly inhibits TNF-α-induced osteoclastogenesis in vitro and in vivo and induces apoptosis mediated by Fas/Fas ligand interactions. Immunol Lett 137(1-2):53-61, 2011 (IF:2.511)

2.Sirisoontorn I, Hotokezaka H, Hashimoto M, Gonzales C, Luppanapornlarp S, Darendeliler MA, Yoshida N: Tooth movement and root resorption; The effect of ovariectomy on orthodontic force application in rats. Angle Orthod 81: 570-577, 2011 (IF:1.000)

3.Gonzales C, Hotokezaka H, Karadeniz EI, Miyazaki T, Kobayashi ET, Drrendeliler MA, Yoshida N: The effects of fluoride intake on orthodontic tooth movement and on orthodontically induced root resorption. Am J Orthod Dentofac 139(2): 196-205, 2011 (IF:1.354)

4.Kitaura H, Fujimura Y, Yoshimatsu M, Kohara H, Morita Y, Aonuma T, Fukumoto E, Masuyama R, Yoshida N, Takano-Yamamoto T:IL-12- and IL-18-mediated, nitric oxide-induced apoptosis in TNF-α-mediated osteoclastogenesis of bone marrow cells. Calcified Tissue Int 89(1):65-73, 2011 (IF:2.759)

5.Okada Y, Imendra KG, Miyazaki T, Hotokezaka H, Fujiyama R, Toda K: High extracellular Ca2+ stimulates Ca2+-activated Cl- currents in frog parathyroid cells through the mediation of arachidonic acid cascade. PLoS One 29:6(4):e19158, 2011 (IF:4.411)

6.Utsumi D, Nakamura A, Matsuo K, Zeredo JL, Koga Y, Yoshida N:Motor coordination of masseter and temporalis muscle during mastication in mice. J Stomat Occ Med 3:187-194, 2011

7.丸山陽市,飯島静子,吉田教明:歯科矯正学基礎実習における課題解決型実習の導入と評価.九矯歯誌 7 (1): 1-10, 2011

8.江口俊子,北浦英樹,藤村裕治,吉松昌子,小原 悠,西村裕美,吉田教明:デンタルインプラントを利用して矯正治療を行った成人反対咬合症例.九矯歯誌 7 (1): 23-32, 2011

9.丸山陽市,藤原 卓,本多正幸:歯科情報の2次利用における問題点とこれからの課題について.日本医療情報学 31(Suppl):159-162,2011

10.丸山陽市,藤原 卓,本多正幸:歯科臨床実習前でのLMSを用いた個人情報保護法と情報セキュリティの振り返り学習.日本医療情報学 31(Suppl):1033-1036,2011

11.飛田尚慶,田崎春奈,吉田教明,朝比奈 泉:下顎枝垂直骨切り術後の遠位骨片と下顎頭の安定性に関する検討.日顎変形誌 21 (3): 179-189, 2011

12.田井規能,谷尻豊寿,佛坂斉祉:被爆のないMRIの矯正歯科への応用−矯正歯科分野におけるマルチモダリティの可能性−.ザ・クインテッセンス30 (12): 143-149, 2011


 (プロシーディングス及び分担を含む)

1.吉田教明,佛坂斉祉:矯正処置.(加藤有三(監),吉田教明,澤瀬 隆,渡邊郁哉,ルール ドーン ミシェル(編):チェアサイドの臨床歯科英会話,医歯薬出版,東京,pp.60-65所収)2011

2.吉田教明:不正咬合.(山口 徹,北原光男, 福井次夫(編):今日の治療指針医学書院,東京,pp.1313-1314所収) 2011

3.吉田教明,古賀義之:インプラントアンカー併用症例の治療メカニクス−ループメカニクスを用いた空隙閉鎖時における前歯の移動制御について−.(クインテッセンス出版 別冊Quintessence 臨床家のための矯正YEAR BOOK '11,クインテッセンス出版,東京,pp.63-66所収) 2011

4.吉田教明:アレキサンダーディシプリンに応用されるメカニクスとその科学的根拠.アレキサンダー研究会会誌 26:14-21,2011

5.丸山陽市,本多正幸:医科・歯科統合電子カルテシステム構築で解決すべき歯科の基本要件. 新医療,エム・イー振興協会,東京,pp.122-126,2011



1.Yoshida N:Biomechanical strategies for speedy orthodontics: Space closure and vertical control. Biomechanics Seminar, Srinakharinwirot University, Bangkok, Thailand, January 19, 2011

2.Koga Y:Biomechanical strategies for short-term orthodontic treatment. Srinakharinwirot University, Bangkok, Thailand, January 19, 2011

3.Yoshida N:Basic knowledge of mechanics required for prediction and planning of orthodontic tooth movement /Biomechanical considerations for controlled tooth movement - Sliding mechanics vs. loop mechanics -. HOTS-Biomechanics Course, The University of Hong Kong, Hong Kong, China, May 25-26, 2011

4.Yoshida N:Treatment strategy for adult open bite cases ? Transition from conventional treatment to new treatment modality using implant anchorage and its limits −. Gesellschaft fuer Kieferorthopaedie von Brandenburg, Brandenburg, Germany, June 17, 2011

5.Yoshida N:Biomechanical considerations for maximizing therapeutic efficiency and minimizing side effects during orthodontic treatment ? Sliding mechanics vs. loop mechanics and their optimal utilization ?. Gesellschaft fuer Kieferorthopaedie von Berlin, Berlin, Germany, June 17, 2011

6.Yoshida N:Biomechanical strategies for speedy and controllable anterior teeth retraction. 46th Indian Orthodontic Conference, Khajuraho, India, September 22-25, 2011

7.Hotokezaka H, Sirisoontorn I, Gonzales C, Darendeliler MA, Yoshida N: The effect of ovariectomy on tooth movement after orthodontic force application in rats. 87th Congress of the European Orthodontic Society, Istanbul, Turkey, June19-23, 2011 {87th Congress of the European Orthodontic Society Abstract Book, p.129-130, 2011}

8.Karadeniz EI, Gonzales C, Hotokezaka H, Yoshida N, Darendeliler MA: Three-Dimensional analysis of orthodontic tooth movement and root resorption in rat molars. 87th Congress of the European Orthodontic Society, Istanbul, Turkey, June19-23, 2011 {87th Congress of the European Orthodontic Society Abstract Book, p. 204-205, 2011}

9.Kohara H, Kitaura H, Yoshimatsu M, Fujimura Y, Morita Y, Eguchi T, Yoshida N: Effects of IFN-γon orthodontic tooth movement. The 4th international congress & the 70th annual meeting of the Japanese orthodontic society, Nagoya, October17-20, 2011 {Congress Programme and Abstract, p.359, 2011}

10.Kitaura H, Fujimura Y, Yoshimatsu M, Kohara H, Morita Y, Aonuma T, Fukumoto E, Yoshida N, Takano-Yamamoto T: IL-12- and IL-18-mediated nitric oxide-induced apoptosis in TNF-α- mediated osteoclastogenesis. The 4th international congress & the 70th annual meeting of the Japanese orthodontic society, Nagoya, October17-20, 2011 {Congress Programme and Abstract, p.361, 2011}

11.Yoshimatsu M, Kitaura H, Fujimura Y, Kohara H, Morita Y, Eguchi T, Yoshida N: Effects of SHIP on TNF-alpha-induced osteoclastogenesis. The 4th international congress & the 70th annual meeting of the Japanese orthodontic society, Nagoya, October17-20, 2011 {Congress Programme and Abstract, p.364, 2011}

12.Sirisoontorn I, Hotokezaka H, Hashimoto M, Nakano T, Yoshida N: Effect of zoledronic acid by systemic administration on orthodontically induced root resorption in ovariectomized rats. The 4th international congress & the 70th annual meeting of the Japanese orthodontic society, Nagoya, October17-20, 2011 {Congress Programme and Abstract, p.371, 2011}

13.Okayasu I, Komiyama O, Yoshida N, Oi K, De Laat A: Effects of chewing efforts on the sensory and pain thresholds in human facial skin. The 27th Store Kro Club conference, Turin, Italy, May 2011

14.吉田教明:歯科矯正学教室の歩みと10年の足跡.吉田教明教授就任10周年記念講演会,長崎,4月 {吉田教明教授就任10周年記念講演会・抄録集,p.7,2011}

15.吉田教明:舌側からの矯正におけるバイオメカニクス−空隙閉鎖にはスライディング?ループ?それとも・・・.日本舌側矯正歯科学会学術大会&シンポジウム,東京,11月,2011

16.丸山陽市,藤原 卓,本多正幸:歯科病院システムに蓄えられたデータはどのように活用されているか―歯科情報の2次利用における問題点とこれからの課題について.第31回医療情報学連合大会(第12回医療情報学会学術大会),鹿児島,11月{第31回医療情報学連合大会(第12回医療情報学会学術大会)プログラム・抄録集,p.192,2011}

17.尾崎博弥,内海 大,富永淳也,中尾紀子,田中基大,古賀義之,吉田教明:デジタル画像管理システムのデジタルセファログラムへの有効利用について.第6回九州矯正歯科学会学術大会,福岡,2月 {第6回九州矯正歯科学会学術大会プログラム・抄録集,p.37,2011}

18.古賀義之,吉田教明:スケレタルアンカレッジを利用して治療した成人側方歯部開咬症例.第6回九州矯正歯科学会学術大会,福岡,2月 {第6回九州矯正歯科学会学術大会プログラム・抄録集,p.38,2011}

19.橋本 恵,佛坂斉祉,スィリスントーンアイリン,中野昂子,吉田教明:コルチコトミーによる歯の移動と歯槽レベルへの影響−ラットを用いた実験−.第6回九州矯正歯科学会学術大会,福岡,2月 {第6回九州矯正歯科学会学術大会プログラム・抄録集,p.51,2011}

20.富永淳也,尾崎博弥,田中基大,古賀義之,吉田教明:スライディングメカニクスを用いた前歯舌側移動においてスロットサイズの違いが前歯の移動動態に及ぼす影響.第6回九州矯正歯科学会学術大会,福岡,2月 {第6回九州矯正歯科学会学術大会プログラム・抄録集,p.52,2011}

21.中野昂子,佛坂斉祉,橋本 恵,スィリスントーンアイリン,吉田教明:ラット実験モデルにおける歯体移動の試み.第6回九州矯正歯科学会学術大会,福岡,2月 {第6回九州矯正歯科学会学術大会プログラム・抄録集,p.55,2011}

22.スィリスントーンアイリン,佛坂斉祉,橋本 恵,中野昂子,吉田教明:卵巣摘出後の歯の移動への影響(閉経後患者の矯正治療のラットモデル実験.第6回九州矯正歯科学会学術大会,福岡,2月 {第6回九州矯正歯科学会学術大会プログラム・抄録集,p.56,2011}

23.飯島静子,藤村裕治,吉松昌子,日高 聖,藤原 卓,吉田教明,平野明喜:長崎大学病院矯正歯科における口唇裂・口蓋裂患者の実態調査.第35回日本口蓋裂学会総会・学術集会,新潟,5月 {第35回日本口蓋裂学会雑誌抄録号 36(2),p.126,2011}

24.中村 文,内海 大,松尾恭子,田中基大,古賀義之,吉田教明:交叉咬合モデルマウスを用いた顎口腔領域における形態変化と機能発達の関連性の解明.第46回日本顎口腔機能学会,仙台,5月{日本顎口腔機能学会第46回学術大会プログラム・抄録集,p.28-29,2011}

25.田崎春奈,佛坂斉祉,橋本 恵,森田幸子,朝比奈 泉,吉田教明:IVRO施術前後の下顎骨骨片の3D画像による観察.第21回特定非営利活動法人日本顎変形症学会総会・30周年記念国際シンポジウム,東京,6月{日本顎変形症学会雑誌21巻2号プログラム・抄録号,p.125,2011}

26.丸山陽市,飯島静子,吉田教明:PBLチュートリアル教育開始前の情報リテラシィーに関するアンケート調査.第30回日本歯科医学教育学会総会・学術大会&記念大会,東京,7月{第30回日本歯科医学教育学会総会・学術大会&記念大会プログラム・抄録集,p.136, 2011}

27.小原 悠,北浦英樹,吉松昌子,藤村裕治,森田幸子,増山律子:IFN-γによるTNF-α誘導性破骨細胞の形成抑制効果.第29回日本骨代謝学会学術集会,大阪,7月 {第29回日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集, p.241,2011}

28.丸山陽市,吉田教明:WT法による咀嚼筋表面筋電図の周波数解析.第70回日本矯正歯科学会大会&第4回国際会議,名古屋,10月 {第70回日本矯正歯科学会大会&第4回国際会議プログラム・抄録集,p.216,2011}

29.中野昂子,佛坂斉祉,橋本 恵,スィリスントーンアイリン,吉田教明:ラット実験モデルにおける歯体移動と傾斜移動の比較.第70回日本矯正歯科学会大会&第4回国際会議,名古屋,10月 {第70回日本矯正歯科学会大会&第4回国際会議プログラム・抄録集,p.223,2011}

30.尾崎博弥,富永淳也,田中基大,ショウホウショウ,古賀義之,吉田教明:スライディングメカニクスにおける前歯の移動制御−ブラケットワイヤー間の遊びを考慮した有限要素解析−.第70回日本矯正歯科学会大会&第4回国際会議,名古屋,10月 {第70回日本矯正歯科学会大会&第4回国際会議プログラム・抄録集,p.224,2011}

31.六反田裕美,富永淳也,田中基大,蜩c博子,田中奈美,飯島静子,藤村裕治,古賀義之,吉田教明:パワーアームを併用したスライディングメカニクスにおいて牽引方向が上顎前歯の移動動態に及ぼす影響.第70回日本矯正歯科学会大会&第4回国際会議,名古屋,10月 {第70回日本矯正歯科学会大会&第4回国際会議プログラム・抄録集,p.224,2011}

32.中尾紀子,渡邊悦子,松永淳子,白石孝信,渡邊郁哉,吉田教明:Nd:YAGレーザー照射条件がステンレス・コバルトクロムワイヤーの溶接強度に及ぼす影響.第70回日本矯正歯科学会大会&第4回国際会議,名古屋,10月 {第70回日本矯正歯科学会大会&第4回国際会議プログラム・抄録集,p.258,2011}

33.渡邊悦子,中尾紀子,松永淳子,吉田教明,白石孝信,渡邊郁哉:レーザー溶接による各種合金ワイヤーの引張強度.第70回日本矯正歯科学会大会&第4回国際会議,名古屋,10月 {第70回日本矯正歯科学会大会&第4回国際会議プログラム・抄録集,p.259,2011}

34.原 宏子,古賀義之,富樫久美子,吉田教明,帯屋洋之:トランスパラタルアーチを用いて側方拡大する場合に配慮すべきことと装置の形態について.第70回日本矯正歯科学会大会&第4回国際会議,名古屋,10月 {第70回日本矯正歯科学会大会&第4回国際会議プログラム・抄録集,p.288,2011}

35.内海 大,藤下あゆみ,スィリスントーンアイリン,中村 文,古賀義之,吉田教明:マウスを用いた下顎枝垂直骨切術における顎骨動態及び生着メカニズムの解明.第70回日本矯正歯科学会大会&第4回国際会議,名古屋,10月 {第70回日本矯正歯科学会大会&第4回国際会議プログラム・抄録集,p.290,2011}

36.橋本 恵,佛坂斉祉,スィリスントーンアイリン,中野昂子,吉田教明:コルチコトミーの歯の移動への影響−ラットを用いた実験−.第70回日本矯正歯科学会大会&第4回国際会議,名古屋,10月 {第70回日本矯正歯科学会大会&第4回国際会議プログラム・抄録集,p.314,2011}

37.藤村裕治,北浦英樹,吉松昌子,江口俊子,小原 悠,六反田裕美,吉田教明:上顎左側中切歯および側切歯の萌出遅延に対し開窓・牽引を行った1症例.第70回日本矯正歯科学会大会&第4回国際会議,名古屋,10月 {第70回日本矯正歯科学会大会&第4回国際会議プログラム・抄録集,p.342,2011}

38.丸山陽市,藤原 卓,本多正幸:歯科臨床実習前でのLMSを用いた個人情報保護法と情報セキュリティの振り返り学習,第31回医療情報学連合大会(第12回医療情報学会学術大会),鹿児島,11月{第31回医療情報学連合大会(第12回医療情報学会学術大会)プログラム・抄録集,p.207,2011}

39.菅原めぐみ, 坂井詠子, 西下一久, 福間 裕, 岡元邦彰, 吉田教明, 筑波隆幸:Fisetinによる破骨細胞分化抑制作用.第64回日本薬理学会西南部会, 福岡, 11月{第64回日本薬理学会西南部会プログラム・抄録集, p.16, 2011}



1.基盤研究(B)
咀嚼・嚥下機能の発達と障害の機序解明と制御する神経回路の可視化に向けた統合的研究
(代表:吉田)

2.基盤研究(C)
超高速X線デュアルビーム立体撮影システムの構築
(分担:吉田)

3.基盤研究(C)
顎関節動態および関節負荷が顎関節頭リモデリングに及ぼす影響の解明
(代表:古賀)

4.基盤研究(C)
アポトーシス阻害剤による歯根吸収の抑制効果の検討
(代表:佛坂)

5.基盤研究(C)
破骨細胞形成制御に関わるSHIPの解析
(代表:吉松)

6.若手研究(B)
低温スパッタリング法を利用した金属アレルギー患者用矯正材料の開発
(代表:中尾)

7.若手研究(B)
多血小板血漿(PRP)による矯正学的歯の移動促進への試みとその分子生物学的解析
(代表:藤村)

8.若手研究(B)
矯正力による歯の移動時の歯槽骨改造速度の定量と最適矯正力の決定
(代表:田中)

9.若手研究(B)
不正咬合モデルマウスを用いた顎口腔領域における形態変化と機能発達の関連性の解明
(代表:松尾)


長崎大学病院内 矯正歯科室
Copyright(C) 1996-2004 Nagasaki University All Rights Reserved.