業績一覧
















1.Yoshimatsu M, Kitaura H, Fujimura Y, Kohara H, Morita Y, Eguchi T, Yoshida N: Inhibitory effects of IL-12 on experimental tooth movement and root resorption in mice. Arch Oral Biol. 57(1): 36-43, 2012 (IF:1.603)

2.Kohara H, Kitaura H, Yoshimatsu M, Fujimura Y, Morita Y, Eguchi T, Yoshida N: Inhibitory effect of interferon-γ on experimental tooth movement in mice. J Interferon Cytokine Res. 32(9): 426-431, 2012 (IF:3.063)

3.Sirisoontorn I, Hotokezaka H, Hashimoto M, Gonzales C, Luppanapornlarp S, Darendeliler MA, Yoshida N: Orthodontic tooth movement and root resorption in ovariectomized rats treated by systemic administration of zoledronic acid. Am J Orthod Dentofac Orthop 141(5):563-573, 2012 (IF:1.381)

4.Okayasu I, Komiyama O, Yoshida N, Oi K, De Laat A: Effects of chewing efforts on the sensory and pain thresholds in human facial skin: A pilot study. Arch Oral Biol 57(9):1251-1255, 2012 (IF:1.603)

5.Tominaga J, Chiang PC, Ozaki H, Tanaka M, Koga Y, Bourauel C, Yoshida N: Effect of play between bracket and archwire on anterior tooth movement in sliding mechanics: A three-dimensional finite element study. J Dent Biomech 3:1-8, 2012

6.Park JH, Tai K, Hotokezaka H, Yanagi Y, Ikeda K: Class III occlusion with missing maxillary first molars and facial asymmetry treated with intraoral vertical ramus osteotomy: 7-year follow-up. Orthodontics (Chic.) 13(1):110-21, 2012

7.吉田教明:舌側からの矯正におけるバイオメカニクス−空隙閉鎖にはスライディング?ループ?それとも・・・.日本舌側矯正歯科学会会誌, 22: 1-8, 2012

8.丸山陽市,藤原 卓,本多正幸:歯科診療情報の2次利用におけるテンプレートの特徴抽出.医療情報学 32:1212-1215,2012

9.坂口 究,横山正起,渡邊篤士,阿部賢一,岩下隼人,浦田健太郎,熊 洋平,河野稔広,小針啓司,玉置潤一郎,福井雄介,藤下あゆみ,宮城光志,志賀 博:習慣性咀嚼が咀嚼機能に及ぼす影響. 顎機能誌 18 (2): 152-160, 2012



1.Yoshida N: Biomechanical strategies for speedy and controllable anterior teeth retraction. Treatment strategy for adult open bite cases - Transition from conventional treatment to new treatment modality using implant anchorage and its limits -. University of California, Los Angeles, USA, June 15, 2012

2.Yoshida N: A new challenge to speedy and predictable space closure based on biomechanics. 8th Asia Pacific Orthodontic Conference, New Delhi, India, December 2, 2012

3.Yoshida N: Biomechanical strategies for controlled movement of anterior teeth during space closure−Which is better and faster, sliding mechanics, loop mechanics or anything else ? Rumailah Hospital, Doha, Qatar, December 4, 2012

4.Yoshida N: Treatment strategy for the correction of open bite using implant anchorage ? Transition from conventional treatment to new treatment modality using implant anchorage and its limits ?. Hamad Medical Corporation, Doha, Qatar, December 5, 2012

5.Sirisoontorn I, Hotokezaka H, Luppanapornlarp S, Darendeliler MA, Yoshida N: Tooth movement and root resorption in ovariectomized rats treated by zoledronic acid. 112th Annual Session of the Society for American Association of Orthodontists, Hawaii, May 4-8, 2012 {Book of Abstracts, p.0883, 2012}

6.Hotokezaka H, Sirisoontorn I, Hashimoto M, Hotokezaka Y, Yoshida N: A new medicine for osteoporosis, zoledronic acid, restores orthodontic tooth movement and orthodontically induced root resorption in the osteoporotic animal to a healthy level. 88th Congress of the European Orthodontic Society, Santiago de Compostela (Spain), June 18-23, 2012, {88th Congress of the European Orthodontic Society Abstract Book, p.236, 2012}

7.Yoshida N, Nakamura A, Utsumi D, Fujishita A, Koga Y: Influence of Malocclusion on Masticatory Function and Mandibular Growth, 90th IADR/LAR general session, Iguassu falls Brazil, June 20th-23th 2012 {Congress Programme and Abstract, p.1925, 2012}

8.Kohara H, Kitaura H, Yoshimatsu M, Fujimura Y, Morita Y, Eguchi T, Yoshida N:IFN-γ inhibits mechanical stress-induced osteoclastogenesis and bone resorption. 2012 Annual Meeting of the American Society for Bone and Mineral Research (ASBMR), Minneapolis, Oct 12-15, 2012 {Congress Programme and Abstract, p.S414, 2012}

9.Yoshimatsu M, Kitaura H, Fujimura Y, Kohara H, Morita Y, Eguchi T, Yoshida N:Effects of IL-12 on mechanical loadong induced bone resorption. 2012 Annual Meeting of the American Society for Bone and Mineral Research (ASBMR), Minneapolis, Oct 12-15, 2012 {Congress Programme and Abstract, p.S417, 2012}

10.Ohba S, Yoshida M, Kohara H, Nakao N, Minamizato T, Kawasaki T, Motooka N, Yoshida N, Asahina I:SLO without fixation; the new concept of mandibular osteotomy ? Floating Bone Concept ?. XXI congress of the European Association for Cranio-Maxillo-Facial Surgery, Dubrovnik, Croatia, Sep 11-15, 2012 {Abstract Book, p.305-306, 2012}

11.Hosoya Y, Nakao N: Influence of bracket color for different type malocclusion (Report 2). 4th Annual Conference of the Society for Color and Appearance in Dentistry (SCAD), Chicago, Sep 28-29, 2012 {Congress Programme and Abstract, p.50, 2012}

12.吉田教明:歯の移動の生体力学的制御.第71回日本矯正歯科学会大会,盛岡,9月 {第71回日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集,p.104,2012}

13.松尾恭子,藤下あゆみ,尾崎博弥,中村 文,内海 大,富永淳也,森田幸子,原 宏子,古賀義之,吉田教明:大臼歯圧下による下顎骨の回転が下顎前歯の位置に及ぼす影響について.第7回九州矯正歯科学会学術大会,大分,2月 {第7回九州矯正歯科学会学術大会プログラム・抄録集,p.24,2012}

14.古賀義之,内海 大,松尾恭子,森田幸子,吉田教明:口蓋側ミニスクリューを用い上顎臼歯部を圧下して治療した2症例.第7回九州矯正歯科学会学術大会,大分,2月 {第7回九州矯正歯科学会学術大会プログラム・抄録集,p.28,2012}

15.Sirisoontorn I, Hotokezaka H, Hashimoto M, Nakano T, Arita K, Gonzales C, Luppanapornlarp S, Darendeliler MA, Yoshida N: Effect of novel bisphosphonate, zoledronic acid, on orthodontic tooth movement in osteoporotic animal model. 第7回九州矯正歯科学会学術大会,大分,2月 {第7回九州矯正歯科学会学術大会プログラム・抄録集,p.35,2012}

16.田崎春奈,佛坂斉祉,橋本 恵,朝比奈 泉,吉田教明:下顎枝垂直骨切り術施行前後の下顎骨骨片の3D画像による観察.第7回九州矯正歯科学会学術大会,大分,2月 {第7回九州矯正歯科学会学術大会プログラム・抄録集,p.48,2012}

17.藤下あゆみ,古賀義之,吉田教明:上顎前歯部と下顎大臼歯部のディスクレパンシーが大きい上下歯列狭窄症例.第7回九州矯正歯科学会学術大会,大分,2月 {第7回九州矯正歯科学会学術大会プログラム・抄録集,p.59,2012}

18.森田幸子, 古賀義之,吉田教明:矯正用インプラントアンカーを固定源とした上顎前歯部牽引中に上顎大臼歯の動きが予想と異なる結果となったAngleU級上顎前突症例.第7回九州矯正歯科学会学術大会,大分,2月 {第7回九州矯正歯科学会学術大会プログラム・抄録集,p.66,2012}

19.菅原めぐみ,坂井詠子,筑波隆幸,西下一久,福間 裕,岡元邦彰,吉田教明,筑波隆幸:フィセチンはNFATc1とErkのリン酸化を抑制し破骨細胞分化を阻害する.第85回日本薬理学会年会,京都,3月 {第85回日本薬理学会年会プログラム・抄録集,p.184,2012}

20.中尾紀子,細矢由美子:ブラケットの色と歯列,どのブラケットが好ましい?(第3報),第20回日本歯科色彩学会総会・学術大会,千葉,7月 {第20回日本歯科色彩学会総会・学術大会プログラム・抄録集,p.14,2012}

21.飯島静子,丸山陽市,藤原 卓,吉田教明:テキストマイニングを用いた共起ネットワーク分析による長崎大学成育歯学PBL授業の評価.第31回日本歯科医学教育学会総会・学術大会,岡山,7月 {第31回日本歯科医学教育学会総会・学術大会プログラム・抄録集,p.27,2012}

22.丸山陽市,久保至誠,山邊芳久,藤原 卓:臨床実習に対応した電子カルテの構築と医療情報の安全管理措置.第31回日本歯科医学教育学会総会・学術大会,岡山,7月{第31回日本歯科医学教育学会総会・学術大会プログラム・抄録集,p.114,2012}

23.小原 悠,北浦英樹,吉松昌子,森田幸子,藤村裕治:メカニカルストレスに対するIFN-γの発現およびその影響.第30回日本骨代謝学会学術集会,新宿,7月 {第30回日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集,p.240,2012}

24.吉松昌子,北浦英樹,小原 悠,森田幸子,藤村裕治:IL-12がメカニカルストレスによる骨吸収に及ぼす影響.第30回日本骨代謝学会学術集会,新宿,7月 {第30回日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集,p.257,2012}

25.中村 文,藤下あゆみ,内海 大,田中基大,古賀義之,吉田教明:成長期の不正咬合が顎口腔領域における形態成長と機能発達に及ぼす影響について.第71回日本矯正歯科学会大会,盛岡,9月 {第71回日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集,p.151,2012}

26.六反田裕美,富永淳也,田中基大,蜩c博子,田中奈美,飯島静子,藤村裕治,古賀義之,吉田教明:三次元歯列模型形状計測装置を用いた矯正治療前後における前歯の移動動態の解析法の考案.第71回日本矯正歯科学会大会,盛岡,9月 {第71回日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集,p.153,2012}

27.橋本 恵,佛坂斉祉,スィリスントーンアイリン,中野昂子,有田光太郎,田中基大,吉田教明:卵巣摘出ラットにおける骨密度変化が矯正力による歯の移動へ及ぼす影響.第71回日本矯正歯科学会大会,盛岡,9月 {第71回日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集,p.161,2012}

28.小原 悠,北浦英樹,吉松昌子,藤村裕治,森田幸子,吉田教明:メカニカルストレスに対する歯根周囲組織におけるINF-γの影響.第71回日本矯正歯科学会大会,盛岡,9月 {第71回日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集,p.161,2012}

29.吉松昌子,北浦英樹,藤村裕治,小原 悠,森田幸子,吉田教明:IL-12がLPS誘導破骨細胞形成に及ぼす影響.第71回日本矯正歯科学会大会,盛岡,9月 {第71回日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集,p.163,2012}

30.森田幸子,北浦英樹,吉松昌子,藤村裕治,小原 悠,吉田教明:IL-18による矯正学的歯の移動抑制作用におけるT細胞関与の検討.第71回日本矯正歯科学会大会,盛岡,9月 {第71回日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集,p.167,2012}

31.菅原めぐみ, 坂井詠子,筑波隆幸, 吉田教明:破骨細胞におけるフィセチンの分化抑制効果.第71回日本矯正歯科学会大会,盛岡,9月 {第71回日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集,p.180,2012}

32.丸山陽市,中尾紀子,吉田教明:矯正診療記録2次利用でのテキストマイニングによるテンプレート評価.第71回日本矯正歯科学会大会,盛岡,9月 {第71回日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集,p.195,2012}

33.中野昂子,佛坂斉祉,橋本 恵,スィリスントーンアイリン,田中基大,吉田教明:歯の移動動態の違いによる至適矯正力 −ラット実験モデルにおける評価−.第71回日本矯正歯科学会大会,盛岡,9月 {第71回日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集,p.288,2012}

34.尾崎博弥,富永淳也,田中基大,ショウホウショウ,住 真由美,古賀義之,吉田教明:スライディングでもループメカニクスでもない新しい空隙閉鎖法の提案.第71回日本矯正歯科学会大会,盛岡,9月 {第71回日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集,p.290,2012}

35.中尾紀子,松永淳子,渡邊悦子,吉田教明,渡邊郁哉:矯正用チタン合金とステンレス合金ワイヤーの電気的溶接.第60回秋期日本歯科理工学会大会,福岡,10月 {日本歯科理工学会誌,31(5): p.486, 2012}

36.住 真由美,飯島静子,丸山陽市:混合歯列期に咬合調整を行い反対咬合が改善した1例.第30回日本小児歯科学会九州地方会大会および総会,長崎,10月 {第30回日本小児歯科学会九州地方会大会および総会抄録集,p.39,2012}

37.大場誠悟,小原 悠,吉田雅司,南里篤太郎,田島暢嵩,梯 裕恵,白石剛士,川崎貴子,本岡菜穂美,吉田教明,朝比奈 泉:骨片固定を行わないSLO-Floating Bone Concept- の術後経過.第22回特定非営利活動法人日本顎変形症学会総会,福岡,6月 {日本顎変形症学会雑誌 22(2):104. 2012}

38.平尾直美,東山政子,久保田香代子,西山由美,田川千恵,今井美紀,和田典子,渡邉ルミ,山口とき子,吉富泉,林田 咲,高橋英哲,山下裕美,中尾紀子,梅田正博:メディカルサポートセンターと連携した周術期口腔管理システムの構築.第57回日本口腔外科学会総会・学術大会,第6回歯科衛生士研究会,横浜,10月 {第57回日本口腔外科学会総会・学術大会,第6回歯科衛生士研究会抄録集,p.14, 2012}

39.日高 聖,飯島静子,藤原 卓:患側の乳側切歯が異所性の早期萌出した片側性唇顎裂の一例.第30回日本小児歯科学会九州地方会大会および総会,長崎,10月 {第30回日本小児歯科学会九州地方会大会および総会抄録集,p.46,2012}




1.挑戦的萌芽研究
時期・組織特異的ノックアウトマウスを用いた咀嚼中枢・摂食中枢形成障害の機序解明
(代表:吉田)

2.基盤研究(C)
顎関節動態および関節負荷が顎関節頭リモデリングにおよぼす影響の解明
(代表:古賀)

3.基盤研究(C)
高血糖ハイリスクの歯根吸収への影響
(代表:佛坂)

4.基盤研究(C)
アトミックレイヤーデポジション(ALD)法による新規ハイブリッド矯正材料の開発
(代表:中尾)

5.基盤研究(C)
SHIPノックアウトマウスを用いたメカニカルストレス誘導骨代謝に関する研究
(代表:吉松)

6.基盤研究(C)
矯正学的歯の移動促進を目指した低出力超音波応用への試みとその解析
(代表:藤村)

7.若手研究(B)
軟食化が顎口腔機能の発達に及ぼす影響−マウスモデルを用いた咀嚼・嚥下機能解析
(代表:内海)

8.若手研究(B)
転写因子IRF-4による骨リモデリング制御機構の解明
(代表:小原)

9.若手研究(B)
矯正力による歯の移動時の歯槽骨改造速度の定量と最適矯正力の決定
(代表:田中)


長崎大学病院内 矯正歯科室
Copyright(C) 1996-2004 Nagasaki University All Rights Reserved.