業績一覧
















1.Hashimoto M, Hotokezaka H, Sirisoontorn I, Nakano T, Arita K, Tanaka M, Yoshida N: The effect of bone morphometric changes on orthodontic tooth movement in an osteoporotic animal model. Angle Orthod. 83(5):766-773, 2013.(IF:1.184)

2.Nakamura A, L. Zeredo J, Utsumi D, Fujishita A, Koga Y and Yoshida N.: Influence of malocclusion on the development of masticatory function and mandibular growth. Angle Orthodontist, Vol 83, No 5, 2013 (IF:1.184)

3.Koga Y, Hyun Park J, Tai K: Maxillary canine substitution for the severely resorbed root of central incisor: 12-year follow-up. Int J Orthod 24(4); 9-14, 2013

4.Ohba S, Tasaki H, Tobita T, Minamizato T, Kawasaki T, Motooka N, Watanabe E, Yoshida N, Asahina I: Assessment of skeletal stability of intraoral vertical ramus osteotomy with one-day maxillary-mandibular fixation followed by early jaw exercise. J Craniomaxillofac Surg 41(7): 586-592, 2013. (IF:1.643) 

5.Kitaura H, Kimura K, Ishida M, Kohara H, Yoshimatsu M, Takano-Yamamoto T: Immunological reaction in TNF-α-mediated osteoclast formation and bone resorption in vitro and in vivo. Clin Dev Immunol. Volume 2013, Article ID:181849, 2013 (IF:3.064)

6.Ohba S, Yoshida M, Kohara H, Kawasaki T, Minamizato T, Koga T, Nakatani Y, Watanabe E, Nakao N, Yoshida N, Asahina I: Short lingual osteotomy without fixation: a new strategy for mandibular osteotomy known as “physiological positioning”. Brit J Oral Maxill Surg. YBJOM-4156 , 2013(IF:2.717)

7.Ohba S, Kohara H, Kawasaki T, Fujimura Y, Yoshida N, Asahina I : A patient with severe maxillary gingival exposure treated with combined compression osteogenesis of the anterior alveolar bone and conventional Le Fort I osteotomy. J Craniofac Surg. 24(6):2068-72, 2013(IF:0.686)

8.Saito K, Jang I, Kubota K, Hoshino T, Hotokezaka H, Yoshida N, Fujiwara T: Removable orthodontic appliance with nickel-titanium spring to reposition the upper incisors in an autistic patient. Spec Care Dentist 33(1); 35-39, 2013

9.Ohba S, Tobita T, Tajima N, Matsuo K, Yoshida N, Asahina I:Correction of an asymmetric maxillary dental arch by alveolar bone distraction osteogenesis. Am J Orthod Dentofacial Orthop 143(2): 266-73, 2013. (IF:1.458)

10.藤村裕治:Q&Aコーナー:大学病院と個人の矯正歯科の利欠点を教えてください.JCPF(日本口唇口蓋裂協会)会報68:2,2013


 (プロシーディングス及び分担を含む)

1.Zhang C, Kumano S, Takashima K, Tanaka M, Moromugi S, Ishimatsu T: Input Devices to Support Communication for People with Serious Disability, Proceeding of 2013 IEEE 9th International Conference on Mobile Ad-hoc and Sensor Networks (MSN2013), Dalian, Liaoning, China, December, 445-452, 2013



1.Yoshida N. A novel methodology for analysis of orthodontic tooth movement on the basis of biomedical engineering and biomechanics. Oral Technology, Rheinische Friedrich-Wilhelms-Universitat Bonn, Bonn, Germany, January 25, 2013.

2.Yoshida N: A new therapeutic strategies for speedy and controllable space closure in orthodontic treatment. Department of Orthodontics, Rheinische Friedrich-Wilhelms-Universitat Bonn, Bonn, Germany, January 25, 2013.

3.Yoshida N. Biomechanical strategies for controlled movement of anterior teeth during space closure, Universitat Zurich, Zurich, Switzerland, July 1, 2013.

4.Yoshida N. Experimental investigation into development of stomatognathic function, Universite de Geneve, Geneva, Switzerland, July 3, 2013.

5.Yoshida N: A new perspective for optimization of treatment efficiency based on biomechanical principles, Invited speaker, 3rd International Conference and Trade Exhibition of Orthodontics and Dentofacial Orthopedic Association of Nepal, Kathmandu, Nepal, September 21, 2013.

6.Yoshida N: Cleft lip and palate treatment and management based on life stages at Nagasaki University Hospital, Keynote speaker, The 8th World Cleft Congress of International Cleft Lip and Palate Foundation, Hanoi, Vietnam, November 28, 2013.

7.Nakao N,Tanaka M,Yoshida N, Watanabe E, Watanabe I: Frictional properties of aesthetically coated orthodontic wires. 91th IADR/AADR/CADR general session and Exhibition, Seattle, March 20th-23th 2013 {Congress Programme and Abstract, p.668, 2013}

8.Hotokezaka H, Hashimoto M, Sirisoontorn I, Hotokezaka Y, Yoshida N.:The velocity of orthodontic tooth movement is correlated with the bone morphometric measurements. 89th Congress of the European Orthodontic Society. Reykjavik, Iceland, June 2013.

9.Nakamura A, Utsumi D, Fujishita A, Koga Y, Yoshida N: Does malocclusion affect masticatory function development and mandibular growth? 2nd Meeting of the International Association of Dental Research-Asia Pacific Region (IADR-APR), Bangkok, 21-23 August 2013

10.Fujishita A, Nakamura A, Utsumi D, Tanaka M, Koga Y, Yoshida N: Experimental investigation into development and catch-up of masticatory function, 2nd Meeting of the International Association of Dental Research-Asia Pacific Region (IADR-APR), Bangkok, 21-23 August 2013

11.Ozaki H, Tominaga J, Hamanaka R, Sumi M, Chiang PC, Tanaka M, Koga Y, Yoshida N: Introduction of new space closure mechanics and its force system, 5th World Implant Orthodontic Conference, Phuket, Thailand, November 13-15, 2013

12.古賀義之:歯列の拡大と抜歯について(臨床セミナー2).第8回九州矯正歯科学会学術大会,北九州,2月 {第8回九州矯正歯科学会学術大会プログラム・抄録集,p.26,2013}

13.藤村裕治:下顎骨の成長の促進と抑制(臨床セミナー4).第8回九州矯正歯科学会学術大会,北九州,2月 {第8回九州矯正歯科学会学術大会プログラム・抄録集,p.28,2013}

14.佛坂斉祉:力の大きさと歯の移動動態が歯根吸収に及ぼす影響(サテライトセミナー1).第72回日本矯正歯科学会大会,松本,10月 {第72回日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集,p.113,2013}

15. 古賀義之,内海 大,森田幸子,吉田教明:上顎犬歯異所萌出のため中切歯を抜去して治療した症例とその長期術後変化.第8回九州矯正歯科学会学術大会,北九州,2月 {第8回九州矯正歯科学会学術大会プログラム・抄録集,p.33,2013}

16. 中野昂子,佛坂斉祉,橋本 恵,スィリスントーンアイリン,有田光太郎,黒濱武士,吉田教明:傾斜移動と歯体移動で歯根吸収のリスクは異なるか?第8回九州矯正歯科学会学術大会,北九州,2月 {第8回九州矯正歯科学会学術大会プログラム・抄録集,p.56,2013}

17. 橋本 恵,佛坂斉祉,スィリスントーンアイリン,中野昂子,有田光太郎,田中基大,吉田教明:歯の移動速度と骨形態計測値の相関について−卵巣摘出ラットを用いた実験−.第8回九州矯正歯科学会学術大会,北九州,2月 {第8回九州矯正歯科学会学術大会プログラム・抄録集,p.57,2013}

18. Sirisoontorn I, Steinbacher D, Hotokezaka H, Persing J, Yoshida N: A study of nasomaxillary soft tissue changes after maxillary advancement at Yale Craniofacial Center. 第8回九州矯正歯科学会学術大会,北九州,2月 {第8回九州矯正歯科学会学術大会プログラム・抄録集,p.58,2013}

19. 中尾紀子,松永淳子,渡邊悦子,吉田教明,渡邊郁哉:矯正用チタン合金とステンレス合金ワイヤーの電気的溶接.第61回春期日本歯科理工学会大会,東京,4月 {日本歯科理工学会誌,32(2): p.120, 2013}

20. 松永淳子,中尾紀子,吉田教明,渡邊悦子,白石孝信,渡邊郁哉:異種矯正用ワイヤーの接合.平成25年度日本歯科理工学会九州地方会夏期セミナー,長崎,8月,2013

21. 藤下あゆみ,中村 文,内海 大,田中基大,古賀義之,吉田教明:咀嚼機能の発達過程において臨界期は存在するか?.第72回日本矯正歯科学会大会,松本,10月 {第72回日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集,p.169,2013}

22. 蒋 宝?,尾崎博弥,富永淳也,住 真由美,濱中 僚,田中基大,古賀義之,吉田教明:空隙閉鎖時の最適なM/F比を生じるクロージング・ループ形態についての力学的考察.第72回日本矯正歯科学会大会,松本,10月 {第72回日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集,p.174,2013}

23. 住 真由美,蒋 宝?,尾崎博弥,富永淳也,濱中 僚,田中基大,古賀義之,吉田教明:空隙閉鎖時の最適なM/F比を生じるクロージング・ループ形態についての力学的考察.第72回日本矯正歯科学会大会,松本,10月 {第72回日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集,p.175,2013}

24. 有田光太郎,佛坂斉祉,橋本 恵,スィリスントーンアイリン,中野昂子,黒濱武士,近藤崇伸,吉田教明:糖尿病ラットにおける歯の移動.第72回日本矯正歯科学会大会,松本,10月 {第72回日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集,p.177,2013}

25. 吉松昌子,北浦英樹,藤村裕治,小原 悠,森田幸子,吉田教明:LPSによる破骨細胞形成に対するIL-12の抑制機序.第72回日本矯正歯科学会大会,松本,10月 {第72回日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集,p.180,2013}

26. 小原 悠,北浦英樹,吉松昌子,藤村裕治,森田幸子,吉田教明:矯正学的歯の移動時におこる歯根吸収に対するIFN-γの作用について.第72回日本矯正歯科学会大会,松本,10月 {第72回日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集,p.186,2013}

27. 米嶋枝里香, 岡元邦彰,筑波隆幸, 吉田教明:骨芽細胞の分化成熟におけるリソソーム性タンパク質の役割.第72回日本矯正歯科学会大会,松本,10月 {第72回日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集,p.186,2013}

28. 丸山陽市,中尾紀子,吉田教明:効率的な電子カルテ2次利用を目的とした矯正診療記録の特徴抽出.第72回日本矯正歯科学会大会,松本,10月 {第72回日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集,p.220,2013}

29. 中野昂子,佛坂斉祉,橋本 恵,スィリスントーンアイリン,有田光太郎,黒濱武士,吉田教明:歯の移動動態の違いにおける移動速度と歯根吸収の関係 −ラット実験モデルにおける評価−.第72回日本矯正歯科学会大会,松本,10月 {第72回日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集,p.315,2013}

30. 中尾紀子,松永淳子,渡邊悦子,吉田教明,渡邊郁哉:矯正用チタン合金ワイヤーの電気的溶接法による接合.第62回秋期日本歯科理工学会大会,新潟,10月 {日本歯科理工学会誌,32(5): p.347, 2013}

31. 米嶋枝里香,岡元邦彰,坂井詠子,吉田教明,筑波隆幸:Up-regulation mechanisms of endosomal/lysosomal proteins during osteoblast differentiation.第86回日本薬理学会年会,福岡,3月 {第86回日本薬理学会年会プログラム・抄録集,p170,2013}

32. 藤下あゆみ,中村文,内海大,田中基大,古賀義之,吉田教明:「軟食化モデルマウスにおける咀嚼機能発達とキャッチアップに関する実験的研究」,『第50回日本顎口腔機能学会』、総会講演、口頭発表、一般口演W-9,東京,2013年4月20〜21日,第50回日本顎口腔機能学会プログラムp32,33

33. 南里篤太郎,大場誠悟,飛田尚慶,小原悠,川崎貴子,古賀喬充,中谷佑哉,三浦桂一郎,吉田雅司,吉田教明,朝比奈 泉:骨片固定を行わないSLOにおける近位骨片の位置変化に対する検討.第23回特定非営利活動法人日本顎変形症学会総会・学術大会,大阪,6月 {日本顎変形症学会雑誌プログラム・抄録号 23(2):101. 2013}

34. 畳屋亜紀,橋本文生,吉田教明:下顎骨偏位を有する顎変形症患者の正貌軟組織の対称性評価.第8回九州矯正歯科学会学術大会,北九州,2月 {第8回九州矯正歯科学会学術大会プログラム・抄録集,p.43,2013}

35. 平尾直美,東山政子,田川千恵,西山由美,和田典子,山口とき子,船原まどか,林田 咲,高橋英哲,吉富 泉,川下由美子,山下裕美,中尾紀子,朝比奈 泉,梅田正博:長崎大学病院口腔ケアセンターにおける周術期口腔機能管理 〜包括的依頼に基づいた歯科介入システムについて〜.第67回NPO法人日本口腔科学会学術集会,栃木,5月 {第67回NPO法人日本口腔科学会学術集会プログラム・抄録集,p.302, 2013}  

36. 田川千恵,東山政子,平尾直美,村井里衣,吉冨 泉,高橋英哲,林田 咲,吉松昌子,齋藤俊行,梅田正博:長崎大学病院口腔ケアセンターにおける周術期口腔機能管理開始1年間の実態.第10回日本口腔ケア学会総会,福岡,6月 {第10回日本口腔ケア学会総会・学術大会プログラム・抄録集,p.84, 2013}

37. 林田 咲,吉冨 泉,東山政子,田川千恵,船原まどか,平尾直美,中尾紀子,吉松昌子,梅田正博:長崎大学病院における心臓手術患者に対する周術期口腔機能管理〜医科歯科連携によるIE予防手帳の作成〜.第10回日本口腔ケア学会総会,福岡,6月 {第10回日本口腔ケア学会総会・学術大会プログラム・抄録集,p.88, 2013}

38. 東山政子,田川千恵,平尾直美,村井里衣,高橋英哲,林田 咲,船原まどか,山下裕美,中尾紀子,梅田正博:ICUにおける挿管患者に対する口腔管理の実際〜口腔ケア方法標準化の試み〜.第10回日本口腔ケア学会総会,福岡,6月 {第10回日本口腔ケア学会総会・学術大会プログラム・抄録集,p.91, 2013}

39. 川下由美子,福田英輝,吉冨 泉,田川千恵,東山政子,平尾直美,中尾紀子,吉松昌子,梅田正博,齋藤俊行:大学病院における周術期口腔機能管理に関する取り組み状況〜アンケート調査の結果について〜.第10回日本口腔ケア学会総会,福岡,6月{第10回日本口腔ケア学会総会・学術大会プログラム・抄録集,p.99, 2013}

40. 大場誠悟,飛田尚慶,川崎貴子,南里篤太郎,古賀喬充,中谷佑哉,吉田教明,朝比奈 泉:IVRO単独症例におけるProximal Segmentの術後動態の三次元的検討.第23回特定非営利活動法人日本顎変形症学会総会・学術大会,大阪,6月 {日本顎変形症学会雑誌プログラム・抄録号 23(2):153. 2013}

41. 飛田尚慶,丸山陽市,川崎貴子,南里篤太郎,大場誠悟,古賀喬充,中谷佑哉,吉田教明,朝比奈 泉:顎関節症を有する顎変形症患者に対する下顎枝垂直骨切り術 (IVRO) が下顎運動機能に及ぼす影響.第23回特定非営利活動法人日本顎変形症学会総会・学術大会,大阪,6月 {日本顎変形症学会雑誌プログラム・抄録号 23(2):154. 2013}



1.挑戦的萌芽研究
時期・組織特異的ノックアウトマウスを用いた咀嚼中枢・摂食中枢形成障害の機序解明
(代表:吉田)

2.基盤研究(C)
個人識別に最適化する歯式メタデータと歯式データベースに関する基礎的研究
(代表:丸山)

3.基盤研究(C)
高血糖ハイリスクの歯根吸収への影響
(代表:佛坂)

4.基盤研究(C)
アトミックレイヤーデポジション(ALD)法による新規ハイブリッド矯正材料の開発
(代表:中尾)

5.基盤研究(C)
SHIPノックアウトマウスを用いたメカニカルストレス誘導骨代謝に関する研究
(代表:吉松)

6.基盤研究(C)
矯正学的歯の移動促進を目指した低出力超音波応用への試みとその解析
(代表:藤村)

7.若手研究(B)
軟食化が顎口腔機能の発達に及ぼす影響−マウスモデルを用いた咀嚼・嚥下機能解析
(代表:内海)

8.若手研究(B)
転写因子IRF-4による骨リモデリング制御機構の解明
(代表:小原)

9.若手研究(B)
歯根吸収予防と歯の効率的移動を目指した天然化合物フラボノイド応用の試みとその解析
(代表:森田)

10.研究活動スタート支援
巨舌症モデルマウスを用いた摂食・嚥下機能発達と顎顔面形態成長の相互制御機構の解明
(代表:中村)


長崎大学病院内 矯正歯科室
Copyright(C) 1996-2004 Nagasaki University All Rights Reserved.