業績一覧

















1.Tominaga J, Ozaki H, Chiang P C, Sumi M, Tanaka M, Bourauel C and Yoshida N.: Effect of bracket slot and archwire dimentions on anterior tooth movement during space closure in sliding mechanics: a 3-dimensional finite element study. Am J Orthod Dentofacial Orthop 146(2): 166-74, 2014. (IF:1.997)

2.Nakano T, Hotokezaka H, Hashimoto M, Sirisoontorn I, Arita K, Kurohama T, Darendeliler M A, Yoshida N: Effect of different types of tooth movement and force magnitudes on the amount of tooth movement and root resorption in rats. Angle Orthod. 84(6):1079-85, 2014.(IF:1.277)

3.Ohba S, Yoshida M, Kohara H, Kawasaki T, Minamizato T, Koga T, Nakatani Y, Wanatabe E, Nakao N, Yoshida N, Asahina I:Short lingual osteotomy without fixation: a new strategy for mandibular osteotomy known as "physiological positioning". Br J Oral Maxillofac Surg. 52(2):e9-e13, 2014(IF:1.788)

4.Ohba S, Nakao N, Nakatani Y, Kawasaki T, Minamizato T, Koga T, Kohara H, Yoshida N, Asahina I: The skeletal stability after maxillo-mandibular osteotomy with a “physiological positioning strategy”. Brit J Oral Maxill Surg. 52(10): 965-9, 2014 (IF:1.133)

5.Kitaura H, Kimura K, Ishida M , Sugisawa H, Kohara H, Yoshimatsu M, Takano-Yamamoto T : Effect of cytokines on osteoclast formation and bone resorption during mechanical force loading of the periodontal membrane. Scientific World Journal. 2014;2014:617032, 2014(IF:1.524)


1.Yoshida N: Biomechanical principles of lingual orthodontics in comparison with labial orthodontics, Special speaker, The 2nd Joint Meeting of JLOA and KALO, Nagoya, Japan, November 24, 2014.

2.Yoshida N. Effect of soft diet feeding from functional aspects - Is there a critical period for learning masticatory function ?, Universite de Geneve, Geneva, Switzerland, July 8, 2014.

3.Fujimura Y,Morita Y,Hotokezaka H, Tominaga J, Utsumi D, Iijima S, Yoshida N,: A case of extremely low birth weight infant with cleft. 4th Workshop of the International Cleft Lip and Palate Foundation, Ulaanbaatar, Mongolia, September 9-12, 2014 {Congress Programme and Abstract, p.38, 2014}

4.吉田教明:インプラント矯正を再考する:咬合高径を変えることの功罪と歯の移動のバイオメカニクスを考える,オーラルバイオメカニクス研究会 招待講演, 横浜, 3月

5.吉田教明:矯正力による歯の移動のバイオメカニクス一骨改造を組み込んだ経時的な歯の移動シミュレーションの実現に向けた課題一.第22回顎顔面バイオメカニクス学会大会, 特別講演, 長崎, 11月

6.古賀義之,中村 文,内海 大,森田幸子,吉田教明:一部側切歯先天欠如患者に対しさらに切歯の抜去を併用して治療した2症例.第9回九州矯正歯科学会学術大会,那覇,2月 {第9回九州矯正歯科学会学術大会プログラム・抄録集,p.29,2014}

7.富永淳也,濱中 僚,住 真由美,蒋 宝?,尾崎博弥,田中基大,古賀義之,吉田教明:3次元有限要素法による長期的な矯正学的歯の移動動態の解析とその展望.第9回九州矯正歯科学会学術大会,那覇,2月 {第9回九州矯正歯科学会学術大会プログラム・抄録集,p.30,2014}

8.有田光太郎,佛坂斉祉,橋本 恵,中野昂子,黒濱武士,近藤崇伸,吉田教明:糖尿病ラットにおける歯の移動と歯根吸収.第9回九州矯正歯科学会学術大会,那覇,2月 {第9回九州矯正歯科学会学術大会プログラム・抄録集,p.35,2014}

9.近藤崇伸,佛坂斉祉,橋本 恵,中野昂子,有田光太郎,黒濱武士,吉田教明:矯正力による歯の移動時の傾斜角度と歯根吸収の関係−ラット実験モデルによる解析−.第9回九州矯正歯科学会学術大会,那覇,2月 {第9回九州矯正歯科学会学術大会プログラム・抄録集,p.36,2014}

10.濱中 僚,蒋 宝?,住 真由美,尾崎博弥,富永淳也,田中基大,古賀義之,吉田教明:抜歯空隙閉鎖時における経時的な歯の移動のシミュレーション−有限要素法による連続的解析−.第9回九州矯正歯科学会学術大会,那覇,2月 {第9回九州矯正歯科学会学術大会プログラム・抄録集,p.48,2014}

11.森田幸子,飯島静子,藤村裕治,吉松昌子,小原 悠,日高 聖,藤原 卓,平野明喜,吉田教明:長崎大学病院矯正歯科室における口唇裂・口蓋裂患者の実態調査(2001〜2013年).第9回九州矯正歯科学会学術大会,那覇,2月 {第9回九州矯正歯科学会学術大会プログラム・抄録集,p.49,2014}

12.黒濱武士,佛坂斉祉,橋本 恵,中野昂子,有田光太郎,近藤崇伸,吉田教明:コルチコトミーの切削量の違いによる歯の移動速度変化−ラットを用いた実験−.第9回九州矯正歯科学会学術大会,那覇,2月 {第9回九州矯正歯科学会学術大会プログラム・抄録集,p.50,2014}

13.藤村裕治,森田幸子,富永淳也,佛坂斉祉,飯島静子,溝口裕司,永松敬,吉田教明:佐世保市立総合病院歯科における口唇口蓋裂患者の実態調査.第38回日本口蓋裂学会総会・学術集会,札幌,5月 {日本口蓋裂学会雑誌39(2)抄録号,p.181,2014}

14.丸山陽市,飛田尚慶,吉田教明,朝比奈泉:下顎枝垂直骨切り術(IVRO)で生じた変動ベクトルによる下顎運動の可視化.第24回日本顎変形症学会総会・学術大会,福岡,6月 {日本顎変形症学会雑誌プログラム・抄録号 24(2)p.177,2014}

15.小原悠,増山律子:小腸ATP分解系によるリン応答性経細胞カルシウム吸収調節機構の検討.第32回日本骨代謝学会学術集会,大阪,7月 {第32回日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集,p.237,2014}

16.菅原めぐみ,坂井詠子,福間裕,西下一久,岡元邦彰,吉田教明,筑波隆幸:破骨細胞の多核化とリソソーム機能を制御するrabタンパク質の同定.第56回歯科基礎医学会学術大会・総会,福岡,9月 {第56回歯科基礎医学会学術大会・総会プログラム・抄録集,p.171,2014}

17.濱中 僚,蒋 宝?,住 真由美,尾崎博弥,富永淳也,田中基大,古賀義之,吉田教明:歯槽骨のリモデリングを考慮した歯の経時的移動シミュレーションシステムの構築.第73回日本矯正歯科学会大会,千葉,10月 {第73回日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集,p.157,2014}

18.内海 大,濱中 僚,森内絵美,吉見知子,藤下あゆみ,中村 文,古賀義之,吉田教明:高精度ハイスピードカメラと動物実験用3DマイクロX線を用いたマウス下顎運動包括的解析システムの構築.第73回日本矯正歯科学会大会,千葉,10月 {第73回日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集,p.178,2014}

19.古賀義之,濱中 僚,尾崎博弥,蒋 宝?,住 真由美,富永淳也,吉田教明:歯槽骨吸収と歯根吸収が歯の動揺度に及ぼす影響.第73回日本矯正歯科学会大会,千葉,10月 {第73回日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集,p.189,2014}

20.伊東拓朗,森石武史,小森壽文,吉田教明:骨細胞分布の違いによる非荷重に対する応答性.第73回日本矯正歯科学会大会,千葉,10月 {第73回日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集,p.189,2014}

21.有田光太郎,佛坂斉祉,橋本 恵,中野昂子,黒濱武士,近藤崇伸,井野愛理,田中基大,吉田教明:糖尿病ラットにおける歯の移動と歯根吸収 第2報.第73回日本矯正歯科学会大会,千葉,10月 {第73回日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集,p.210,2014}

22.Wang Xioaobin,丸山陽市,吉田教明:頭位変動がハンドヘルド3Dスキャナによる3次元顔面形状計測へ及ぼす影響.第73回日本矯正歯科学会大会,千葉,10月 {第73回日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集,p.231,2014}

23.内海 大,古賀義之,吉田教明:固定式II級改善装置と垂直ゴムを用いて前歯部被蓋の改善を行ったAngle Class II division 1 開咬症例.第73回日本矯正歯科学会大会,千葉,10月 {第73回日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集,p.326,2014}

24.菅原めぐみ,坂井詠子,福間裕,西下一久,岡元邦彰,福田光則,泉哲郎,吉田教明,筑波隆幸:Rab27Aは破骨細胞の多核化とリソソーム機能を制御する.第87回日本生化学会大会,京都,10月 {第87回日本生化学会大会抄録集, p.150, 2014}

25.濱中 僚,蒋 宝?,住 真由美,尾崎 博弥,富永 淳也,古賀 義之,吉田 教明:有限要素法を用いたループメカ ニクスの経時的解析. 第22回顎顔面バイオメカニクス学会大会, 長崎, 11月{第22回顎顔面バイオメカニクス学会大会 抄録集, p.20-22, 2014}

26.大場誠悟,中尾紀子,中谷佑哉,南里徳太郎,飛田尚慶,古賀喬充,井隆司,小原悠,松浦多喜子,吉村仁志,吉田教明,佐野和生,朝比奈泉:上下顎骨形成術にphysiological positioning strategyを適用した際の安定性の検討,第24回日本顎変形症学会総会・学術大会,福岡,6月 {日本顎変形症学会雑誌プログラム・抄録号 24(2) p.131, 2014}

27.南里篤太郎,小原悠,大場誠悟,飛田尚慶,古賀喬充,中谷佑哉,吉田教明,朝比奈 泉:重度の骨格性下顎前突症患者に対して二期的に顎矯正手術を施行した1例.第24回日本顎変形症学会総会・学術大会,福岡,6月 {第24回日本顎変形症学会総会・学術大会プログラム24(2)p.136,2014}



1.基盤研究(C)
個人識別に最適化する歯式メタデータと歯式データベースに関する基礎的研究
(代表:丸山)

2.基盤研究(C)
高血糖ハイリスクの歯根吸収への影響
(代表:佛坂)

3.基盤研究(C)
矯正学的歯の移動促進を目指した低出力超音波応用への試みとその解析
(代表:藤村)

4.若手研究(B)
ボツリヌス毒素誘発性の機能低下モデルを用いた形態成長と機能発達に関する統合的研究
(代表:内海)

5.若手研究(B)
転写因子IRF-4による骨リモデリング制御機構の解明
(代表:小原)

6.若手研究(B)
歯根吸収予防と歯の効率的移動を目指した天然化合物フラボノイド応用の試みとその解析
(代表:森田)

7.研究活動スタート支援
巨舌症モデルマウスを用いた摂食・嚥下機能発達と顎顔面形態成長の相互制御機構の解明
(代表:中村)

8.基盤研究(C)
アトミックレイヤーデポジション(ALD)法による新規ハイブリッド矯正材料の開発
(代表:中尾)

9.基盤研究(C)
SHIPノックアウトマウスを用いたメカニカルストレス誘導骨代謝に関する研究
(代表:吉松)


長崎大学病院内 矯正歯科室
Copyright(C) 1996-2004 Nagasaki University All Rights Reserved.