業績一覧
















1.Fujishita A, Koga Y, Utsumi D, Nakamura A, Yoshimi T, Yoshida N: Effects of feeding a soft diet and subsequent rehabilitation on the development of the masticatory function. J Oral Rehabil. 2015 Apr; 42(4):266-74.(IF: 1.934)

2.Matsunaga J, Watanabe I, Nakao N, Watanabe E, Elshahawy W, Yoshida N: Joining characteristics of titanium-based orthodontic wires connected by laser and electrical welding methods. J Mater Sci Mater Med. 2015 Jan; 26 (1):5391. doi: 10.1007/s10856-015-5391-9. Epub 2015 Jan 17(IF: 2.379)

3.Ozaki H, Tominaga J, Hamanaka R, Sumi M, Chiang PC, Tanaka M, Koga Y, and Yoshida N: Biomechanical aspects of segmented arch mechanics combined with power arm for controlled anterior tooth movement: A three-dimensional finite element study. Journal of Dental Biomechanics January - December 2015 6: 1758736014566337, first published on January 12, 2015 doi:10.1177/1758736014566337(IF: 1.286)

4.Chiang PC, Koga Y, Tominaga J, Ozaki H, Hamanaka R, Sumi M, Yoshida N: Effect of gable bend incorporated into loop mechanics on anterior tooth movement: Comparative study between en masse retraction and two-step retraction. Orthod Waves. doi:10.1016/j.odw.2015.06.001.

5.Yanagida H, Koga Y, Rokutanda H, Tominaga J, Yoshida N: Qualitative and quantitative evaluation of central incisor movement by integration of three-dimensional images of dental cast and cephalogram. Orthod Waves. doi: 10.1016/j.odw. 2015. 02. 003.

6.Rokutanda H, Koga Y, Yanagida H, Tominaga J, Fujimura Y, Yoshida N: Effect of power arm on anterior tooth movement in sliding mechanics analyzed using a three-dimensional digital model. Orthod Waves. doi:10.1016/j.odw.2015.06.001.

7.Ohba S, Nakatani Y, Kawasaki T, Tajima N, Tobita T, Yoshida N, Sawase T, Asahina I: Oral rehabilitation with orthognathic surgery after dental implant placement for class III malocclusion with skeletal asymmetry and posterior bite collapse. Implant Dent. 24(4): 487-90, 2015(IF: 1.175)

8.Yoshimatsu M, Kitaura H, Fujimura Y, Kohara H, Morita Y, Yoshida N: IL-12 inhibits lipopolysaccharide stimulated osteoclastogenesis in mice. J Immunol Res. 2015;2015:214878. doi: 10.1155/2015/214878. Epub 2015 May.(IF: 2.934)

9.Ohba S, Nakao N, Awara K, Tobita T, Minamizato T, Kawasaki T, Koga T, Nakatani Y, Yoshida N, Asahina I: The three-dimensional assessment of dynamic changes of the proximal segments after intraoral vertical ramus osteotomy. Cranio. 2015 Oct; 33(4):277-85. doi: 10.1080/08869634.2015.1097297. Epub 2015 Dec 29.(IF: 0.682)

10.Ohba S, Nakao N, Nakatani Y, Yoshimura H, Minamizato T, Kawasaki T, Yoshida N, Sano K, Asahina I: Effects of Vertical Movement of the Anterior Nasal Spine on the Maxillary Stability After LeFort I Osteotomy for Pitch Correction. J Craniofac Surg. 2015 Sep; 26(6):e481-5. doi: 10.1097/SCS.0000000000001968.(IF: 0.680)

11.Ohba S, Nakatani Y, Kawasaki T, Tajima N, Tobita T, Yoshida N, Sawase T, Asahina I: Oral Rehabilitation With Orthognathic Surgery After Dental Implant Placement for Class III Malocclusion With Skeletal Asymmetry and Posterior Bite Collapse. Implant Dent. 2015 Aug; 24(4):487-90. doi: 10.1097/ID.0000000000000279.(IF: 1.175)

12.Shimada-Sugawara M, Sakai E, Okamoto K, Fukuda M, Izumi T, Yoshida N, Tsukuba T: Rab27A regulates transport of cell surface receptors modulating multinucleation and lysosome-related organelles in osteoclasts. Sci Rep. 2015 Apr 16; 5: 9620. doi: 10.1038/srep09620.(IF: 2.504)

13.Yoneshima E, Okamoto K, Sakai E, Nishishita K, Yoshida N, Tsukuba T: The Transcription Factor EB (TFEB) Regulates Osteoblast Differentiation Through ATF4/CHOP-Dependent Pathway. J Cell Physiol. first published online 20 November 2015 doi: 10.1002/jcp.25235(IF: 3.839)

14.Kaho U, Okamoto K, Sakai E, Yoneshima E, Iwatake M, Fukuma Y, Nishishita K, Tsukuba T: Dual Effects of Liquiritigenin on the Proliferation of Bone Cells: Promotion of Osteoblast Differentiation and Inhibition of Osteoclast Differentiation. Phytother Res 2015 Nov; 29(11):1714-21. doi: 10.1002/ptr.5416. Epub 2015 Jul 14.(IF: 2.660)

15.南里徳太郎、小原 悠、大場誠悟、梯 裕恵、吉田教明、朝比奈泉:重度の骨格性下顎前突症患者に対して二段階の顎矯正手術を施行した1例, 日顎変形誌 25(1): 42-48, 2015.

16.里 美香,丸山陽市,和田典子,西山由美,山口とき子,藤原 卓,本多正幸:多職種連携と歯科情報の2次利用に向けた歯科衛生士業務記録の標準化,医療情報学35(Suppl.):1170-1173,2015


 (プロシーディングス及び分担を含む)

1.吉田教明:不正咬合. 山口 徹、北原光男(編):今日の治療指針、医学書院、東京、pp.1454-1455,2015

2.Vincent G. Kokich,David P. Mathews 著,田井規能 監訳,佐藤康守,氷室利彦,佛坂斉祉,関崎和夫,里見優,嶋浩人,町田直樹,池田和央,高木雅人,金尾 晃,大村周平,赤木秀瑛,笹谷香織 翻訳:埋伏歯 Impacted teeth その矯正歯科治療と外科処置,クインテッセンス出版株式会社,2015-02-10



1.Yoshida N. Biomechanical strategies for controlled movement of anterior teeth during space closure ? Which is better and faster, sliding mechanics, loop mechanics or anything else ? Half-day Orthodontic Seminar, Hanoi Medical University, Hanoi, Vietnam, March 24, 2015.

2.Yoshida N: Introduction of Nagasaki University. The 160th Anniversary of Treaty between Russian-Japan, Russian-Japanese Medical and Dental Forum, Moscow, Russia, August 31, 2015.

3.Morita Y:Recent trends in treatment approaches to ClassV malocclusion cases at Nagasaki University Hospital. 第十回台湾口腔矯正医学会(TOS), Taipei,Taiwan,August 23,2015.

4.Yoshida N: A comparative study of anterior tooth movement between sliding mechanics and loop mechanics based on simulation of long-term tooth movement, 91st Congress of European Orthodontic Society, Venice, Italy, June 16, 2015.

5.Yoshida N: Extraction vs. non-extraction in the lower arch: Orthodontic treatment in the management of cleft lip and palate, The 9th World Cleft Congress of International Cleft Lip and Palate Foundation, Moscow, Russia, September 2, 2015.

6.Hamanaka R, Chiang PC, Sumi M, Ozaki H, Tominaga J, Koga Y, Yoshida N:Development of simulation system for long-term orthodontic tooth movement after going through bone remodeling using finite element method、8th International orthodontic congress,London,UK,September 28, 2015.

7.Ohba S, Nakao N, Kawasaki T, Minamizato T, Yoshida N, Asahina I: Comparison of the skeletal stability after sagittal split ramus osteotomy with physiological positioning strategy in patients with skletal symmetry or asymmetry. 22nd International Conference on Oral and Maxillofacial Surgery, Merbourne, 27-30 October 2015.

8.吉田教明:臨床活用講座−よくわかる!実践歯の移動バイオメカニクス.第10回九州矯正歯科学会学術大会 ポストセミナー,長崎,3月

9.吉田教明:バイオメカニクスに基づいた歯の移動制御と治療の効率化を目指して−歯の移動の可視化と移動予測−.第74回日本矯正歯科学会学術大会 臨床セミナー2,福岡,11月

10.富永淳也:上顎前突症例における抜歯部位の選択と適応−重度のアングルU級1類不正咬合症例に対するアプローチ−Selection of teeth for extraction in maxillary protrusion cases−Treatment approach to severe Angle ClassUdiv.1 malocclusion−第10回九州矯正歯科学会学術大会 臨床セミナー,長崎,3月

11.近藤崇伸,佛坂斉祉,橋本 恵,中野昂子,有田光太郎,黒濱武士,吉田教明:歯の移動様式が抵抗中心の移動量に及ぼす影響−ラット実験モデルによる解析−.第10回九州矯正歯科学会学術大会,長崎,3月 {第10回九州矯正歯科学会学術大会プログラム・抄録集,p.18,2015}

12.黒M武士,佛坂斉祉,橋本 恵,中野昂子,有田光太郎,近藤崇伸,吉田教明:歯の移動におけるコルチコトミーの骨切削量の検討−ラットを用いた実験−.第10回九州矯正歯科学会学術大会,長崎,3月 {第10回九州矯正歯科学会学術大会プログラム・抄録集,p.18,2015}

13.内海 大,富永淳也,古賀義之,吉田教明:歯科矯正用アンカースクリューと固定式II級改善装置を併用することで下顎の成長促進と咬合の構築を行った下顎の後退を伴うAngle Class II division 1上顎前突症例.第10回九州矯正歯科学会学術大会,長崎,3月 {第10回九州矯正歯科学会学術大会プログラム・抄録集,p.20,2015}

14.吉見知子,森内絵美,藤下あゆみ,中村 文,内海 大,吉見圭子,古賀義之,蔡 吉陽,吉田教明:マウスにおける閉口相での咬筋および側頭筋の協調運動のメカニズムについて.第74回日本矯正歯科学会学術大会,福岡,11月 {第74回日本矯正歯科学会学術大会プログラム・抄録集,p.171,2015}

15.森内絵美,吉見知子,藤下あゆみ,中村 文,内海 大,古賀義之,吉田教明:ハイスピードカメラと3DマイクロX線CTを用いた小動物6自由度顎運動解析システムの構築.第74回日本矯正歯科学会学術大会,福岡,11月 {第74回日本矯正歯科学会学術大会プログラム・抄録集,p.173,2015}

16.近藤崇伸,佛坂斉祉,橋本 恵,中野昂子,有田光太郎,黒濱武士,井野愛理,吉田教明:歯の移動様式と牽引力の大きさが抵抗中心の移動量に及ぼす影響−ラット動物実験モデルによる解析−.第74回日本矯正歯科学会学術大会,福岡,11月 {第74回日本矯正歯科学会学術大会プログラム・抄録集,p.180,2015}

17.住 真由美,古賀義之,濱中 僚,尾崎博弥,富永淳也,蒋 宝?,吉田教明:空隙閉鎖時の最適な力系(M/F比)を生じる画期的なクロージングループのデザインについての新しい提案.第74回日本矯正歯科学会学術大会,福岡,11月 {第74回日本矯正歯科学会学術大会プログラム・抄録集,p.181,2015}

18.黒濱武士,佛坂斉祉,橋本 恵,中野昂子,有田光太郎,近藤崇伸,井野愛理,吉田教明:コルチコトミーの骨切削は矯正力による歯の移動には影響を及ぼさず歯槽骨を減少させる−ラット実験モデル−.第74回日本矯正歯科学会学術大会,福岡,11月 {第74回日本矯正歯科学会学術大会プログラム・抄録集,p.181,2015}

19.米嶋枝里香,岡元邦彰,坂井詠子,西下和久,筑波隆幸,吉田教明:リソソーム促進転写因子TFEBの骨芽細胞分化における影響.第74回日本矯正歯科学会学術大会,福岡,11月 {第74回日本矯正歯科学会学術大会プログラム・抄録集,p.205,2015}

20.丸山陽市,米嶋枝里香,何 暁曦,吉田教明:歯科矯正治療の保険診療に対する診療情報の電子保存について.第74回日本矯正歯科学会学術大会,福岡,11月 {第74回日本矯正歯科学会学術大会プログラム・抄録集,p.228,2015}

21.原 宏子,濱中 僚,古賀義之,尾崎博弥,富永淳也,住 真由美,吉田教明,帯屋洋之:トランスパラタルアーチを活性化する際に発生する力系に、幅、深さ、全長がどのような影響を与えるか.第74回日本矯正歯科学会学術大会,福岡,11月 {第74回日本矯正歯科学会学術大会プログラム・抄録集,p.228,2015}

22.中村 文,橋本 恵,古賀義之,吉田教明:顎変形症患者における顎骨移動術後の上気道形態と舌骨位置の経時的変化について.第74回日本矯正歯科学会学術大会,福岡,11月 {第74回日本矯正歯科学会学術大会プログラム・抄録集,p.257,2015}

23.橋本 恵,中村 文,古賀義之,吉田教明:顎変形症患者における顎骨移動術後の上気道形態への影響.第74回日本矯正歯科学会学術大会,福岡,11月 {第74回日本矯正歯科学会学術大会プログラム・抄録集,p.258,2015}

24.古賀義之,原 宏子,森田幸子,吉田教明:トランスパラタルアーチを利用して上顎骨の拡大を行った臼歯部交叉咬合症例.第74回日本矯正歯科学会学術大会,福岡,11月 {第74回日本矯正歯科学会学術大会プログラム・抄録集,p.293,2015}

25.He Xiaoxi, Valanezhad Alireza, Shiraishi Takanobu, Yoshida Noriaki, Watanabe Ikuya:Coating of Stainless Steel by Alkali Treatment Method for Orthodontic Applications,第65回日本歯科理工学会学術講演会,仙台,4月{第65回日本歯科理工学会学術講演会プログラム・抄録集,p.117,2015}

26.He Xiaoxi, Valanezhad Alireza, Shiraishi Takanobu, Yoshida Noriaki, Watanabe Ikuya:Alkali Treatment of Stainless Steel for Orthodontic Applications,第66回日本歯科理工学会学術講演会,東京,10月{第66回日本歯科理工学会学術講演会プログラム・抄録集,p.361,2015}

27.吉見知子,森内絵美,藤下あゆみ,中村 文,内海 大,吉見圭子,古賀義之,蔡 吉陽,吉田教明:ボツリヌストキシン注入後の咀嚼筋機能低下によるマウス咀嚼運動の変化.日本顎口腔機能学会第54回学術大会,鹿児島,4月{日本顎口腔機能学会第54回学術大会プログラム・事前抄録集,p.20-21,2015}

28.井村英人,森田幸子,増田浩男,新美照幸,古川博雄,大野磨弥,森 明弘,佐久間千里,夏目長門:愛知学院大学口唇口蓋裂センターにおける上顎前方牽引の効果−第1報 実施群と非実施群の比較−第39回日本口蓋裂学会総会・学術集会,東京,5月{日本口蓋裂学会雑誌抄録号p.173,2015}

29.森田幸子,井村英人,増田浩男,新美照幸,古川博雄,大野磨弥,森 明弘,佐久間千里,夏目長門:愛知学院大学口唇口蓋裂センターにおける上顎前方牽引の効果−第2報 乳歯列より開始した症例の骨格変化−第39回日本口蓋裂学会総会・学術集会,東京,5月{日本口蓋裂学会雑誌抄録号p.165,2015}

30.森田幸子,藤村裕治,井村英人,新美照幸,大野磨弥,佐久間千里,夏目長門,吉田教明:ベトナム人未手術患者の顎発育に関する調査−第1報 日本人患者との比較−.第39回日本口蓋裂学会総会・学術集会,東京,5月{日本口蓋裂学会雑誌抄録号p.174,2015}

31.森田幸子,井村英人,新美照幸,大野磨弥,佐久間千里,夏目長門:ベトナム人口唇裂および口蓋裂未手術患者の顎発育に関する調査 −第2報 成人2症例.第55回日本先天異常学会学術集会,横浜,7月{第55回日本先天異常学会学術集会プログラム・抄録集p.33,2015}

32.和田典子,西山由美,柴原妙香,久保田香代子,里 美香,東山政子,牧野亜紀子,平尾直美,山口とき子,丸山陽市:多職種連携での情報共有に向けた歯科衛生士業務記録の標準化への取り組み. 日本歯科衛生学会第10回学術大会,北海道,9月{日本歯科衛生学会雑誌,10(1),p.153,2015}

33.西山由美,丸山陽市,上松千恵,柴原妙香,牧野亜紀子,久保田香代子,山口とき子,梅田正博:長崎大学病院口腔外科における歯科衛生士業務記録の標準化の取り組み.第60回日本口腔外科学会総会・学術大会(第9回歯科衛生士研究会),愛知,10月{第60回日本口腔外科学会総会・学術大会(第9回歯科衛生士研究会・プログラム・抄録集, p.20, 2015}

34.里 美香,丸山陽市,和田典子,西山由美,山口とき子,藤原 卓,本多正幸:多職種連携と歯科情報の2次利用に向けた歯科衛生士業務記録の標準化,第35回 医療情報学連合大会(第16回日本医療情報学会学術大会),沖縄,11月{第35回医療情報学連合大会(第16回日本医療情報学会学術大会)プログラム・抄録集, p.311,2015}

35.米嶋枝里香,岡元邦彰,Xiaobin Wang, 坂井詠子,西下一久,筑波隆幸,吉田教明:Role of transcription factor EB (TFEB) in BMP-induced osteoblastgenesis BMP誘導骨芽細胞分化における転写因子Transcription factor EBの役割 第88回日本薬理学会年会,名古屋,3月 {第88回日本薬理学会年会プログラム・抄録集,p.238,2015}

36.岡元邦彰,内野加穂, 米嶋枝里香,坂井詠子,西下一久,筑波隆幸:Effects of liquiritigenin on differentiation of bone cellsリクイチゲニンの骨芽細胞および破骨細胞分化における影響 第88回日本薬理学会年会,名古屋,3月 {第88回日本薬理学会年会プログラム・抄録集,p.255,2015}

37.濱中 僚, 山岡 智, 住 真由美, 尾崎博弥, 富永淳也, 古賀義之, 吉田教明:荷重レベルによる歯の移動動態の変化−連続的有限要素解析−, 第23回顎顔面バイオメカニクス学会大会, 福岡, 11月 {第23回顎顔面バイオメカニクス学会大会抄録集, p.42-43, 2015}



1.基盤研究(B)
脳内神経伝達物質をターゲットとした摂食機能障害の病因・病態の解明とその治療戦略
(代表:吉田)

2.基盤研究(C)
高血糖ハイリスクの歯根吸収への影響
(代表:佛坂)

3.基盤研究(C)
個人識別に最適化する歯式メタデータと歯式データベースに関する基礎的研究
(代表:丸山)

4.基盤研究(C)
矯正学的歯の移動促進を目指した低出力超音波応用への試みとその解析
(代表:藤村)

5.若手研究(B)
フラボノイド類の抗酸化活性による歯根吸収抑制効果の検討
(代表:森田)

6.若手研究(B)
矯正治療期間短縮のための骨リモデリングを含めた長期的な歯の移動予測システムの構築
(代表:富永)

7.若手研究(B)
ボツリヌス毒素誘発性の機能低下モデルを用いた形態成長と機能発達に関する統合的研究
(代表:内海)

8.若手研究(B)
免疫制御に働く転写因子IRF4ノックアウトマウスを用いた骨リモデリング機構の解析
(代表:小原)

9.若手研究(B)
蛋白同化ステロイドによる咀嚼筋の早期賦活化が顎口腔機能及び顎顔面形態に与える効果
(代表:中村)

10.若手研究(B)
骨粗鬆症治療新薬の矯正治療への影響:骨粗鬆症ラットを用いた歯槽骨と歯根吸収の評価
(代表:橋本)

11.若手研究(B)
矯正治療のリスクとベネフィット−歯の移動と歯根吸収の定量による至適矯正力の決定−
(代表:尾崎)


長崎大学病院内 矯正歯科室
Copyright(C) 1996-2004 Nagasaki University All Rights Reserved.