受診される方へ 治療室案内 治療の目的 治療の流れ 矯正装置 症例と治療 費用と期間 保険治療 Q&A

症例と治療
ここでは、治療開始からの基本的な診療の流れについて紹介します。歯並びは千差万別なので、一概にこのとおりとはいえませんが、ある程度の指標になると思います。
子どもの矯正治療
乳歯列後半から混合歯列期における反対咬合。早期治療の対象となり、チンキャップ装置の装着のみにて反対咬合が改善しました。その後長期成長及び咬合観察のみによって安定した歯並びがえられました。


ページトップへ戻る


3歳半児の指しゃぶり・おしゃぶり児のお口の状態
指しゃぶり・おしゃぶりが、6歳の大人の生え替わりの時期まで長く続くと、小児の開咬や上顎前突の原因となります。そのまま放置していると、舌突出癖や異常嚥下癖を引き起こし不正咬合の重篤化させます。
口啌習癖防止装置を装着。
筋機能療法も行いながら永久歯萌出をうながします。
5年後の完成した歯並び

ページトップへ戻る


10歳3か月、「前歯がでている」ため矯正治療を希望し来院。
第一期治療として、顎骨の成長コントロール、上の前歯を舌側に誘導するために機能的顎矯正装置を装着
12歳、第一期治療終了時のお口の写真

ページトップへ戻る

長崎大学病院内 矯正歯科
Copyright(C) 1996-2004 Nagasaki University All Rights Reserved.