学部教育
No. テーマ 授業内容
1 歯科矯正学の歴史
成長期の矯正治療
矯正治療の目的
歯科矯正学の歴史
2 歯列と咬合と口腔機能の発育
咬合概論・正常咬合 
歯列と咬合と口腔機能の発育
咬合概念と正常咬合の概念 
3 成長発達概論
上顎骨・下顎骨の成長発育
成長発育のパターン
骨の成長様式
脳頭蓋、上下顎骨の成長発育
4 セファロ分析(1) 頭部X線規格写真分析法
5 セファロ分析(2) 頭部X線規格写真の計測分析 
6 セファロ分析(3)  頭部X線規格写真の計測分析 
7 不正咬合
不正咬合の分類 
個々の歯の位置異常
咬合関係の異常
アングルの分類法
8 診断学(1) 診断学概論
9 診断学(2) 診断学概論
10 不正咬合の原因と予防 不正咬合の原因論
不良習癖の除去
11 矯正力と矯正治療に伴う生体反応 矯正力の種類、歯の移動様式
矯正力と歯周組織の組織変化
12 機能的顎矯正装置 ヨーロッパにおける機能的矯正装置の発達
床矯正装置、拡大装置、保定装置
13 矯正治療における固定の考え方 固定の定義、固定の分類
14 抜歯の考え方 抜歯の適応症
抜歯の部位
15 固定式矯正装置 エッジワイズ装置
その他の固定式矯正装置
16 矯正治療に必要な力学 ワイヤーの力学
ループの力学
17 口唇・口蓋裂の矯正治療   
18 顎関節症の矯正治療   
19 不正咬合の治療(1)   
20 不正咬合の治療(2)   
21 インプラント矯正   
22 顎変形症の矯正治療   
23 まとめ   


No. テーマ 授業内容
1 自在鑞着と線屈曲 矯正臨床で日常用いられている自在鑞着
の理論と操作についての講義
2 自在鑞着と線屈曲 弾線の屈曲と自在鑞着の実習
3 舌側弧線装置 装置の構造・機能・適応症についての講義
タイポドント上での不正咬合の作成、
維持バンドの適合、作業模型の制作
4 舌側弧線装置 歯列弓形態に合わせて、主線を屈曲する
作業模型上で、主線と維持バンドを鑞着する
5 舌側弧線装置 舌側弧線装置を完成させ、補助弾線を
自在鑞着する
タイポドントによる歯の移動方向や移動量を
観察し、
装置の効果を理解する
6 エッジワイズ装置 装置の構造・機能・適応症についての講義
ループの屈曲を行う
7 エッジワイズ装置 エッジワイズ装置による治療のメカニクス
についての講義
アーチワイヤーの屈曲を行う
8 エッジワイズ装置 アタイポドント上で不正咬合のモデル作成を
行い、金属歯にブラケットを接着させる
9 エッジワイズ装置 エッジワイズ装置による歯の移動方向や移動量を
観察し、装置の効果を理解する
10 機能的顎矯正装置 装置の構造・機能・適応症についての講義
上下顎模型を構成咬合器に固定し、唇側線を
屈曲する
11 機能的顎矯正装置 ワックスパターンの形成を行う


歯科矯正学予備実習(5年次後期)
No. テーマ 授業内容
1 オリエンテーション オリエンテーション及び
顎態模型についての講義
2 模型分析実習 二人一組になり互いに印象採得し、
平行模型を作成する
3 模型分析実習 平行模型の計測、分析しする
4 模型分析実習 模型分析のまとめ及び総括
レポートを作成し、発表する
5 舌側弧線装置実習 二人一組になりお互いにセパレーションを行う
6 舌側弧線装置実習 装お互いにバンディング・印象採得を行った後
作業模型を作成する
7 舌側弧線装置実習 舌側弧線装置を作成し口腔内に試適する
8 外来セミナー 歯並び・噛み合わせ治療室外来で
種々の矯正装置や治療経過などを見学し、
症例に関してのレポートを作成する


歯科矯正学特別実習(6年次前期)
No. テーマ 授業内容
1 診断実習 資料(X線フィルム、模型等)の配付と分析
2 診断実習 まとめと発表準備
3 診断実習 発表および総括
4 外来セミナー 歯並び・噛み合わせ治療室外来で種々の矯正装置や
治療経過などを見学し、症例に関してのレポートを
作成する
5 DBS実習 二人一組になりDBSを行う


歯科矯正学特別実習(6年次後期)
No. テーマ 授業内容
1 治療評価実習 資料(X線フィルム、模型等)の配付と分析
2 治療評価実習 まとめと発表準備
3 治療評価実習 発表および総括
4 外来セミナー 歯並び・噛み合わせ治療室外来で種々の
矯正装置や治療経過などを見学し、症例に
関してのレポートを作成する
5 犬歯間保定装置実習 犬歯間保定装置の意義・使用法・応用に
ついて理解する
6 犬歯間保定装置実習 二人一組になり犬歯間保定装置を屈曲し、
口腔内に装着する


長崎大学病院内 矯正歯科
Copyright(C) 1996-2015 Nagasaki University All Rights Reserved.