受診される方へ 治療室案内 治療の目的 治療の流れ 症例と治療 費用と期間 保険治療 Q&A

矯正装置
矯正治療には様々な装置が使用されますが、ここでは代表的な装置を紹介します。
矯正装置の種類
固定式の装置
1. 舌側弧線装置(リンガルアーチ)
歯の裏側からワイヤーで歯を動かします。
受け口をなおしたり、歯の並ぶ隙間をつくったりします。

2. タングクリブ
舌を出す、指しゃぶりがなかなか治らないなど悪い癖があるのを治します。


3. 急速拡大装置
上あごが狭い時、広げるために用います。

4. クワドヘリックス
上あごが狭い時、広げるために用います。

5. マルチブラケット装置
いわゆる一般に矯正装置と呼ばれる装置です。
1つ1つの歯にブラケットを装着し、ワイヤーの力で歯を動かしていきます。
ブラケットには様々な種類があります。
大きくわけて、金属色のメタル、審美的に目立たないセラミックが当院で使われています。

(メタルブラケット)
(セラミックブラケット)

6.リンガルブラケット

歯の舌側に付ける装置です。外側からは見えません。
不正咬合のタイプによっては、使いにくい場合があります。



ページトップへ戻る


取り外しのできる装置
1. 機能的顎矯正装置(FKO)
「かむ」という機能を利用して受け口や出っ歯の顎のズレを改善します。
小学生くらいの時期に用います。


2. ヘッドギア
上あごの成長をコントロールします。
出っ歯の治療に用います。
成人症例でも歯の固定源として使用する場合もあります。

3. チンキャップ
下あごの成長をコントロールします。
受け口の治療に用います。

4. フェイスマスク
上あごが発達していない受け口の治療に用います。

ページトップへ戻る


保定装置(リテーナー)
後戻り防止のために用います。
プレートタイプ
取り外しするリテーナーです。歯の表側に沿わしたワイヤーと裏側の樹脂で歯を押さえ後戻りを防ぎます。

固定式
歯に目立たない装置を直接付けて後戻りを防ぎます。


治療の方法、治療前の状態によって、装置がかわります。これ以外にも様々な装置があります。患者さんに一番適している装置を選択して用いています。

ページトップへ戻る

長崎大学病院内 矯正歯科
Copyright(C) 1996-2015 Nagasaki University All Rights Reserved.