受診される方へ 治療室案内 治療の目的 治療の流れ 矯正装置 症例と治療 費用と期間 保険治療 Q&A

治療の流れ
ここでは、治療開始からの基本的な診療の流れについて紹介します。歯並びは千差万別なので、一概にこのとおりとはいえませんが、ある程度の指標になると思います。
どのような流れで診察するのでしょう?

1.相談 ご家族を含め、患者さん本人と、歯並び、噛み合わせ、顔貌に対して専門的な意見を提供します。個々の患者さんに対しての治療の必要性および内容、金額や期間などを詳しく説明します。

2.資料採得 相談後、治療を開始する患者さんに対し矯正治療に必要な資料を採得します。現在の状態を把握するために歯型を採ったり、口の中や顔の写真、レントゲンの撮影をします。必要に応じてCT、MRI等の別の検査を行う場合もあります。

3.診断 当室では、複数のドクターが、資料を基に治療方針を決定しています。診断の日はそれらの治療方針を患者さんに提示し、治療方針を決定する日です。

4.装置装着 患者さんに合わせた装置を用います。

患者さんの症例の程度などで多少の違いはありますが、ここまででだいたい2ヶ月くらいは必要になります。この後、約3週間から1ヶ月おきに来院していただき、治療をすすめることになります。

5.装置除去 治療が終了したら、矯正装置を除去し、後戻りを防ぐためのリテーナー(保定装置)装着します。

6.経過観察 後戻りが無いかどうかなどを定期的に観察し、良好な治療結果を維持するようにします。


経過観察になると、半年ごとや1年ごとの来院になります。数年間経過を観察したあとに保定装置を除去(取り外しの出来る装置の場合は使用停止)し、矯正治療終了となります。



矯正治療は初診時の歯の状態に応じて2段階の治療に分けられます。

第一期治療(子供の歯と大人の歯が存在している子供)の場合
  ↓
個々の成長を利用する事でその時点での問題点を改善することを目標にします。
  ↓
大人の歯に交換するまで、あるいは思春期の成長がほぼ終わるまで学校の休みおき(3〜6カ月間隔)ぐらいで経過を観察していきます。
  ↓
第二期治療へ


第二期治療(全てが大人の歯、成人)の場合
  ↓
全ての歯に装置(ブラケット)を装着して治療を開始し、正常咬合になることを目的とします。症例に応じて付加装置を用いる場合があります。
治療中に虫歯や歯茎の病気にならないように専門の予防歯科とタイアップしていく場合もあります。
矯正治療だけでは対応できなくて顎を切る処置やインプラントを併用する場合は専門の口腔外科や医学部の形成外科に紹介したりしています。


長崎大学病院内 矯正歯科
Copyright(C) 1996-2004 Nagasaki University All Rights Reserved.