受診される方へ 治療室案内 治療の目的 治療の流れ 矯正装置 症例と治療 費用と期間 保険治療 Q&A

保険治療
矯正治療は基本的に自由診療になりますが、以下の項目に該当する場合は、保険が適用されます。

特定の先天異常 第一・第二鰓弓症候群、鎖骨頭蓋異骨症、Crouzon症候群、Treacher-Collins症候群、Pierre Robin症候群、Down症候群、Russell-Silver症候群、Turner症候群、Beckwith-Wedemann症候群に伴って起こる歯列不正。

顎変形症 上顎と下顎の骨格的な差が著しく大きい場合の手術を併用する矯正治療。

唇顎口蓋裂

形成外科 矯正歯科
出生 全身検査・育児指導 Hotz床の作製・哺乳指導
約3ヶ月 口唇形成術
1歳 口蓋形成術
4〜6歳 咽頭弁形成術
7歳〜12歳 顎裂部骨移植術 矯正治療による歯列不正の改善
16〜18歳 外科的矯正治療
外鼻修正術


長崎大学病院内 矯正歯科
Copyright(C) 1996-2004 Nagasaki University All Rights Reserved.