卒後研修
〜2008年度
2009年度
27. 2009.4.10
 夏目長門 先生(愛知学院大学歯学部教授・口唇口蓋裂センター長)
「口唇口蓋裂治療のプライマリーケアからその後の手術、咬合管理まで」成育歯学特別講義
28. 2009.6.22
 田中栄二 先生(徳島大学大学院 歯科矯正学分野 教授)
第1部「顎関節症患者に対する矯正歯科治療−長期経過例−」矯正セミナー
第2部「顎関節症の矯正治療」歯科矯正学特別講義
29. 2009.12.8-9
 栗原三郎 先生(松本歯科大学総合歯科医学研究所 教授)大学院特別講義
第1部「歯の移動を考える−歯槽骨吸収と歯根吸収の狭間にて−」大学院特別講義
第2部「最適矯正力とマルチブラケット装置」矯正セミナー
30. 2009.12.22
 Dr. Won Moon D.M.D. (Clinic Director, Section of Orthodontics, Program Director, Combined Pedo-Ortho Program, Director, International Programs, UCLA School of Dentistry) 矯正セミナー
「The UCLA Orthodontic Program, the melting pot of diverse ideas, and its future direction with emerging technology」
31. 2010.2.26
 Dr. Vicki Vlaskalic, BDSc, MDSc(オーストラリア・メルボルン)矯正セミナー
 「Orthodontic tooth movement using clear removable aligner: The invisalign system」
2010年度
32. 2010.4.13
 大谷淳二 先生(広島大学大学院 歯科矯正学分野 助教)矯正セミナー
「より安全で確実なミニスクリューの植立を目指して」
33. 2010.5.11-12
 不島健持 先生(かなざわ矯正歯科クリニック 院長)
第1部 矯正セミナー「組織外プレートによるインプラント矯正と植立の手技について」

第2部 統合科目(成育歯学)特別講義「顎関節の形態、機能、バイオメカニクス」
34. 2010.6.3
 斉宮康寛 先生(医療法人社団スマイルクリエート 理事長)
「次世代型矯正インプラント 『i-station』を用いた症例と実際の手技,実技の研修」
35. 2010.7.26
 菅原準二 先生(医療法人桃友会 歯科一番町 SAS矯正歯科センター)
第1部 矯正セミナー「インプラントによる大臼歯遠心移動のメカニクス」
第2部 歯科矯正学講義「Skeletal Class II の外科的矯正治療」
36. 2010.9.6
 池上富雄 先生(池上矯正歯科クリニック 院長)
「HOTSのその後の展開とミニインプラントを用いた臼歯部の後方移動を目的とした新しい試み」
37. 2010.10.8
 Dr. Thomas F. Mulligan, D.D.S., M.S.D.
「歯牙移動のメカニクスと臨床応用」
38. 2010.11.22
 夏目長門 先生(愛知学院大学歯学部 教授 / 口唇口蓋裂センター長)
第1部 矯正セミナー「口蓋裂治療のプライマリーケア」
第2部 歯学展望「ベトナム・ラオス・モンゴルにおける海外医療援助」
39. 2011.1.31
 石川博之 先生(福岡歯科大学 矯正歯科学分野 教授)
「顔面非対称症例の矯正治療」

〜2008年度
2009年度
7. 長崎大学歯学部歯科矯正学教室講演会2009.10.16
 Dr. Wick Alexander(ベイラー歯科大学臨床教授)
Principles of The Alexander Discipline and The Quest for Evidence-based Long-term stability

2007年度
1. 顎口腔機能研究講演会 2007.11.13
 山田好秋 先生(新潟大学大学院 口腔生理学分野 教授)
「Central modulation of the jaw reflexes」」基礎臨床研究フォーラム(大学院セミナー)
2008年度
2. 顎口腔機能研究講演会 2008.12.10
 井上富雄 先生(昭和大学歯学部口腔生理学教室 教授)
「咀嚼運動調節のメカニズム」基礎臨床研究フォーラム(大学院セミナー)

2007年度
1. PBL (Problem-Based Learning) 講演会 2007.12.17
 Dr. Cedric Minkin (PBL Senior Facilitator, University of Southern California)
「PBL Pedagogy at USC School of Dentistry: A Work in Progress」

2007年度
1. 第3回九州矯正歯科学会学術大会 2008.3.1〜2
特別講演1:白 哲鎬 先生 (Dr. Cheol-Ho Paik)(ソウル大学歯学部矯正歯科外来教授)
ミニインプラントで広がる矯正歯科の可能性
特別講演2:槇 宏太郎 先生(昭和大学歯学部歯科矯正学講座教授)
新しい矯正診断の開発と先進的技術の臨床応用
2. 市民フォーラム:ウェル噛ム〜噛んで健康・食育〜噛むことと食べることの疑問について
みんなで考えよう!
シンポジウム講師
 山田 好秋 先生(新潟大学 教授)
 有田 信一 先生(ありた小児・矯正歯科医院 院長)
 吉田 俊道 会長(大地といのちの会 代表)
2008年度
3. 日本顎口腔機能学会第41回学術大会 2008.11.8
特別講演:Dr. Antoon De Laat (Professor, Catholic University of Leuven)
Consequences of stress on the health and function of the masticatory system


長崎大学病院内 矯正歯科
Copyright(C) 1996-2015 Nagasaki University All Rights Reserved.