卒後研修
新人教育プログラム
1年目
4
1. オリエンテーション 研修を受けるにあたっての心得、新患見学時の注意点、資料配布など。
2. Wire bending 1 プライヤーの選定、正しい使い方、ループの屈曲など基本的な手技を学ぶ。
3. 新患見学 小児、成人症例の患者さんへの説明の仕方を学ぶ。
4. 資料採取シミュレーション 印象、写真、書類の書き方などを学ぶ。
5. Wire bending 2 アーチブランク、アイディアルアーチなど、より臨床的なワイヤーの屈曲
5
6. 印象採得、平行模型作製
7. Wire bending
到達度チェック1
ループの屈曲を、実際の診療時間を想定して設定した時間内で完成させる。
8. セファロトレース、分析、模型分析 お互いに撮影したセファロを用い、角度分析、線分析、CDS 分析などを学ぶ。
9. 不正咬合模型作製 ブラケットのボンディングの練習に使用。
10. Wire bending
到達度チェック2
アーチブランク、アイディアルアーチの屈曲を実際の診療時間を想定して設定した時間内で完成させる。
11. 診断、治療計画、まとめ セファロ分析実習での分析をもとに診断治療計画をまとめ、外来での教授診断の要領で発表する。
12. ブラケットポジショニング 不正咬合模型にD.B.S する。
13. タイポドント実習
(6 月前半まで)
Angle class II ext.case の治療
6
14. 相互実習(外来) お互いに術者、患者となり、バンディング、ボンディングの練習、パラタルバーを作製し装着、ヘッドギアーの調整・装着。

2年目
4
1. 矯正治療の流れについて 抜歯部位の違いによる術式の違いなどを講義。
2. セパレーション
(相互実習)
リンガルアーチ作製のため。
3. 機能的顎矯正装置について 2人組でアドバンサーの作製・装着
4. 拡大装置の説明、作製
5
5. リンガルアーチについて リンガルアーチの設計・作製・装着・チェアサイドで弾線装着
6. チンキャップについて リンガルアーチとの併用でチンキャップを装着する。
7. 外科的矯正治療について 外科治療の流れ、シーネ作製などを講義。
8. 唇顎口蓋裂について 治療の流れ、Hotz plate 作製など。
9. 医療情報、保険について
10. 保定装置について 保定装置、床装置について講義。
11. 顎運動の記録について 外来の装置を使って説明。
12. Implant 矯正について 特別講義のスライド・ビデオ、実際のケースのスライドを用いて説明。
13. TMJ について スライド等を用いて講義。
14. 統計学について スライド等を用いて講義。


長崎大学病院内 矯正歯科
Copyright(C) 1996-2015 Nagasaki University All Rights Reserved.